FOLLOW US

『toto助成金交付式』が開催…村井満チェアマンも来賓として参加

助成金交付団体の代表やトップアスリートが参加

 スポーツ振興くじ「toto」を運営する独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)が16日、東京都内でサッカーくじの収益を財源とする助成金の交付式を行った。

 交付式では、助成金交付団体の代表やトップアスリートに交付認定証の授与を行い、日本オリンピック委員会の河野博文副会長や日本サッカー協会の原博実専務理事のほか、体操の内村航平選手、卓球の福原愛選手、石川佳純選手など12名のアスリートが参加。平成26年度は、日本のスポーツ振興のために約177億円助成することが発表された。
 
 内村選手は「世界の代表になって結果を残すことが、東京オリンピックの成功に繋がると思う」、また福原選手は「助成していただき感謝している。強化費として活用させていただき、結果としてオリンピックのメダルでお返ししたい」とコメントした。 

 また、スポーツ振興くじ助成によるスポーツと地域の活性化に関する調査研究について、12(3道県、9市町)の協力団体が決定したことも発表された。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA