FOLLOW US

FC東京の田邉草民、サバデルへの期限付き移籍期間を1年延長

サバデルへ期限付き移籍中のMF田邉草民 [写真]=Getty Images

 FC東京は1日、スペイン2部のCEサバデルへ期限付き移籍中のMF田邉草民について、移籍期間を1年延長すると発表した。新たな移籍期間は2014年7月1日から2015年6月30日までとなる。

 24歳の田邉は、2009年に國學院久我山高校からFC東京に加入。2013年6月にサバデルへ期限付き移籍するまで、J1で32試合出場3得点、J2で31試合出場5得点を記録した。移籍後はスペイン2部リーグで29試合に出場して4得点、カップ戦では1試合に出場している。

 期限付き移籍期間延長にあたって、田邉は以下のようにコメントしている。

「この度、CEサバデルでのレンタル移籍を延長することが決まりました。初めて東京を離れ、改めて自分が東京というクラブが大好きなことや素晴らしさを実感しました。東京への復帰かCEサバデルでの延長か、非常に悩みましたがもう1年間スペインでプレーすることを決意しました。希望を聞いてくださった両チームの関係者の方々には本当に感謝しています。2年目となる来シーズンは自分にとっても大事なシーズンになります。覚悟を持って挑戦します。東京のファン・サポーターの方々に会えないのは残念ですが、日本から応援していただけると嬉しいです。僕も東京をずっと応援しています」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO