2014.06.30

ウルグアイ代表FWフォルラン、W杯敗退も代表引退を否定

代表引退を否定したフォルラン [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップの敗退が決定したウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、自身の今後について語った。スペイン紙『MARCA』が29日に伝えている。

 決勝トーナメント1回戦で、コロンビア代表に敗れたフォルランは、「僕はまだサッカーがしたい。どんな時も、ピッチの上に立っていたいんだ」と、代表引退の意思がないことを明言。その一方で、「僕はもう35歳だ。チームが世代交代の時期に来ていることも理解している。でも、僕はここにいたい。コーチングスタッフとしてでも、みんなの助けになりたいんだ」と、自身の考えを明かした。

 現在、Jリーグのセレッソ大阪でプレーするフォルランは、アトレティコ・マドリードやインテルなどでプレーし、2010年の南アフリカ・ワールドカップでは、5得点を挙げてMVPに輝いた実績を持つ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る