FOLLOW US

首位独走の湘南、2位磐田を破って勝ち点差は17に/J2第19節

 J2第19節が21日に各地で行われた。

 第18節を終えて17勝1敗、勝ち点51を首位を独走する湘南ベルマーレは、勝ち点差14で2位のジュビロ磐田とアウェーで対戦。39分、右サイドから遠藤航が上げたクロスボールを岡田翔平が頭で合わせると、一時は相手GKに阻まれたものの、岡田がこぼれ球を押し込んで先制した。1点リードで後半を迎えた湘南は、52分に磐田のフェルジナンドに強烈なミドルシュートを決められ、同点に追いつかれる。しかし60分、右CKから相手のオウンゴールを誘発。勝ち越しに成功し、2-1で競り勝った。湘南は勝ち点を54とし、両チームの勝ち点差は17に開いている。

 3位の松本山雅FCはホームでザスパクサツ群馬と対戦。前半に2点を先行すると、84分に1点差に迫られたものの、終了間際に3点目を奪ってリードを広げ、3-1で勝利を収めた。松本は勝ち点を37に伸ばし、磐田に並んだ。

 また、18日にバドゥ監督の解任を発表した京都サンガF.C.は、敵地でロアッソ熊本と対戦。大黒将志がハットトリックを達成するなど攻撃陣が爆発し、4-1で快勝した。

■J2第19節結果
札幌 2-1 富山
水戸 1-2 福岡
東京V 1-1 栃木
松本 3-1 群馬
岐阜 1-1 長崎
讃岐 0-3 山形
北九州 1-0 千葉
磐田 1-2 湘南
岡山 0-0 横浜FC
熊本 1-4 京都
大分 2-2 愛媛

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO