2014.05.16

【J1第14節予想スタメン 鹿島vs徳島】前節大敗の鹿島、スタメン見直しで連敗脱出を図る

ダヴィ
今季5得点を記録している鹿島のダヴィ [写真]=清原茂樹

鹿島アントラーズ チームは3連敗中、先発の見直しも



 川崎に1-4と大敗し、とうとう3連敗と悪い流れが止まらない。若い選手が多いチームなだけに、一度狂った歯車を戻すことができずにいる。連敗中は1トップのダヴィにボールが収まらない場面が目立ち、攻撃に出ようとしてターンオーバーになってしまう。バランスが崩れた状態で守備に入らなければいけないことはチームに大きな負担を掛けており、赤崎秀平の状態が良いことを考えると、先発の見直しがあるかもしれない。せっかく良いスタート切ったダヴィだが、ここは正念場のはずだ。

 先発の入れ替えという意味では、左SBの山本脩斗が前節の前半途中に右大腿部裏を肉離れ。すでに軽いランニングなどは行っているが、今節に出場できるかは微妙なところだ。これまで全試合に先発出場してきた山本だけに、彼を欠くことになると痛い。代役には、速さと勢いの前野貴徳、安定感のある中田浩二がいるが、中田の方が有力か。

 左MFもカイオが一歩リードしていた状況に変化が見られる。ジャイール豊川雄太中村充孝が練習では重用されていた。ここ数試合、2列目の献身的な守備がないことで、ボランチの小笠原満男の余計な運動量が増えてしまっている。それを防ぐためにもサイドのMFには献身的な姿勢が求められる。

 この試合を最後にリーグ戦は中断期間に入る。勝って、ナビスコ杯につなげたいところだ。(田中滋)

■鹿島予想スタメン
4-2-3-1
GK
21 曽ヶ端準
DF
24 伊東幸敏
23 植田直通
15 昌子源
6 中田浩二
MF
20 柴崎岳
40 小笠原満男
25 遠藤康
28 土居聖真
33 カイオ
FW
11 ダヴィ

徳島ヴォルティス 連敗ストップで調子は上向き、課題は得点力

 前節のFC東京戦で引き分け、連敗をストップさせた徳島。更に、ホームゲームで初勝ち点を挙げ、スタジアムを大いに沸かせた。コーナーキックを15本与え、シュートを22本打たれながらも無失点で抑えられたのは大きい。数字だけを見れば、防戦一方だったと思われがちだが、実際の試合内容は徳島が主導権を握る時間も多かった。ここ最近の試合では引き気味に守ってきた徳島だったが、前節はFC東京のシステムの穴を突き、中盤でボールを上手く捌きながら高い位置でプレーする時間を多く作った。

 ボランチを3枚置くような形で斉藤大介がアンカーに入ってセカンドボールを積極的に拾い、高い位置をとった濱田武小島秀仁が攻撃的な姿勢で前線に絡むことで決定機を作った。更に、初スタメンとなったFWの佐々木一輝もチーム戦術を理解し、嫌なポジショニングを取りながら相手DFを翻弄した。個人としても持ち味であるスピードを生かしたドリブルで仕掛けるなど、前々節G大阪戦の途中出場以来、好調を見せている。

 しかし、残念ながら良い試合運びをしながらも決定力に欠き、勝利には届かなかった。序盤戦の連敗を糧に、徐々に戦い方やスピードに慣れ、無失点に抑えられる試合も増え始めた徳島だが、得点に関しては第13節を終えて3得点と課題が残る。

 今節はリーグ戦3連敗、7失点中の鹿島が相手。中断期間前の最後のリーグ戦に勝利して、後半戦につなげたい。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-2-1
GK
31 長谷川徹
DF
4 藤原広太朗
2 福元洋平
26 橋内優也
MF
20 大崎淳矢
16 斉藤大介
14 濱田武
3 アレックス
11 津田知宏
17 衛藤裕
FW
13 高崎寛之

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
横浜FM
30pt
川崎F
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
39pt
大宮
35pt
水戸
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
26pt
北九州
25pt
讃岐
22pt
Jリーグ順位をもっと見る