2014.05.16

【J1第14節予想スタメン FC東京vsG大阪】4人の代表メンバーが揃う一戦、G大阪は3連勝なるか

遠藤保仁
今野との代表コンビで中盤を支える遠藤 [写真]=大木雄介

FC東京 4試合無得点勝ちなしを止められるか、決定力不足が課題



 4試合連続無得点で前節はスコアレスドローに終わり、徳島にホームでの初勝ち点を献上した。試合展開としては主導権を握り、相手を押し込む時間が長かった。そしてシュート数22本、CK15本はいずれも今季最多。だからこそ決定力不足にあえいでいるといえるだろう。

 しかし、「ここで悲観的になる必要はない。フィニッシュの精度は個人の力によるものが大きいが、それをチーム全体で解決していきたい」とマッシモ・フィッカデンティ監督。

 東慶悟も「新監督を迎え、新しいスタイルにチャレンジをするなかで当初は守備の構築に腐心したが、今では相手を押し込みながらチャンスを多く作っている。この壁を乗り越えることができれば、また一つステップアップができるはず」と前を向く。

 また、ここ2試合は、相手の引いて固めた守備に苦しんだ格好になったが、次節の対戦相手・G大阪は、「大宮や徳島とは異なるスタイルで、丁寧にショートパスをつないでボールを支配してくるチーム」と高橋秀人。そのため、もし主導権を握られたとしても、守備のバランスを崩さなければ、ボールを奪って切り替えの早い攻撃を仕掛ける機会は増えるだろう。

 吉本一謙も「相手にボールを持たれても、そこで焦れずに我慢をすることが大事」と話し、粘り強さを失わず、相手が攻めに出た後のスペースを突くことが勝利のポイントになる。(totoONE編集部)

FC東京予想スタメン
4-3-1‐2
GK
20 権田修一
DF
2 徳永悠平
29 吉本一謙
3 森重真人
6 太田宏介
MF
7 米本拓司
4 高橋秀人
38 東慶悟
17 河野広貴
FW
9 渡邉千真
13 平山相太

ガンバ大阪 中断期間を3連勝で迎えられるか? 代表の遠藤、今野のダブルボランチが機能

 名古屋に快勝し、今季初の連勝を飾ったG大阪だが、徳島戦の3得点に続いて、前節も2得点。宇佐美貴史が先発に復帰した攻撃陣は、明らかに鋭さを増している。

「前線のみんなが良い形で流動的に動けている」と倉田秋が手応えを口にするように宇佐美のキープ力を軸に倉田や2試合連続で得点中の阿部浩之らが流動的にゴール前に進出するなど、ようやく前線の個の力が噛み合い始めている。

 ワールドカップの日本代表に選ばれ、モチベーションが高い遠藤保仁今野泰幸で形成するダブルボランチも攻守において機能性を発揮。3連勝で中断期間に突入すべくチームはまとまりを見せている。

 好調な攻撃陣を支えるのはやはり起点となる遠藤。ただ長谷川健太監督も「次が真価を問われる試合」と気を引き締めるが、ここ2試合は相手のプレスの弱さにつけこめたのもまた事実。勝利からは遠ざかっているが、組織的な守りを見せるFC東京相手をいかに崩すかが勝利のカギになる。

 連勝中は攻撃陣だけでなく守備陣も安定しているが、2試合連続で先発中の西野貴治が徐々にJ1のアタッカーたちに適応力を見せている。ただ、前節も田中マルクス闘莉王には空中戦で苦戦を強いられているだけに、FC東京の平山相太らをしっかりと封じたい。リーグ戦では直近の4試合無得点のFC東京ではあるが、こうした相手につけ込まれがちなのがG大阪の悪癖ではある。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4‐2
GK
1 東口順昭
DF
22 オ・ジェソク
3 西野貴治
8 岩下敬輔
4 藤春廣輝
MF
13 阿部浩之
15 今野泰幸
7 遠藤保仁
19 大森晃太郎
FW
11 倉田秋
39 宇佐美貴史

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
川崎F
28pt
鹿島アントラーズ
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
36pt
大宮
34pt
水戸
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
23pt
讃岐
22pt
北九州
21pt
Jリーグ順位をもっと見る