2014.05.16

【J1第14節予想スタメン 新潟vs名古屋】名古屋とのホーム戦は好相性の新潟、川又の得点力に期待

代表メンバーから外れた川又、リーグ戦での得点に期待 [写真]=嶋田健一

アルビレックス新潟 守備の引き締めが重要、負傷者も懸念



 前節、柏との激戦で0-1 と惜敗。だが、柳下正明監督は「両チームともスピーディーで、好ゲームだった」と内容には手応えを感じている。試合ごとに、ビッグチャンスの数と質が確実にアップしているからだ。

 柏戦の前半、レオ・シルバからのスルーパスを受けた川又堅碁が迎えたシーンなど、厳しくマークされる川又、岡本英也の2トップが決定機を迎えていることを、柳下監督は評価する。ボランチの小林裕紀が長短のパスで攻撃にアクセントをつけ、攻撃を活性化させている点も見逃せない。もちろん、得点することが何より大事だが、好機を作れている今のサッカーを継続し、上昇気流をつかみたいところだ。

 不安材料は、連戦の中で負傷者が目立ってきたこと。前々節の清水戦で右足首を負傷した韓国代表のキム・ジンスはいまだ回復の途上で、名古屋戦の出場は不透明。柏戦で途中交代した成岡翔も太ももを傷め、別メニューが続く。新潟のサッカーは攻守ともに運動量が求められるだけに、コンディションが整わなければメンバーの入れ替えもあり得る。

 逆に復調してきた選手もいる。腰痛からしばらくベンチを外れていた田中達也も完全復調。名古屋戦でメンバー入りすれば、速さと高さ、強さの鈴木武蔵とはまた違った攻撃の切り札として、交代策にもバリエーションが出る。

 気になるのは3試合連続でセットプレーから失点を許していること。キッカーと入ってくる選手の揃う名古屋が相手だけに、守備を引き締める必要がある。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
21 守田達弥
DF
27 松原健
4 舞行龍ジェームズ
3 大井健太郎
2 大野和成
MF
13 加藤大
8 レオ・シルバ
6 小林裕紀
10 田中亜土夢
FW
16 岡本英也
20 川又堅碁

名古屋グランパス 「課題だらけ」のチーム、ビッグスワンとの相性は良くない

 一歩進んで一歩下がってしまう。第12節の鹿島戦で好ゲームを展開したかと思えば、前節のG大阪戦では完敗を喫してしまった。西野朗監督が「課題だらけです」とうつむいていたように、チームはまだまだ未成熟である。

 課題の一つは、自分たちでポゼッションする時間が少な過ぎること。G大阪戦では相手のプレッシャーにハマることが多く防戦に。ゲームを支配されたことで、前に出て行く体力も削られてしまった。今回はハイプレスからのカウンターを最大の武器とする新潟が相手であるため、ボール保持の時間は増えるかもしれないが、そのぶん、組みにくい相手でもある。相手のプレスにハマり、不用意なボールロストを犯せば、失点のリスクは一気に高まる。

 とはいえ、前節に関しては連戦による疲労もかなりあった。マイボールにするための連動した守備がハマらなかった原因の一つもそれだろう。1週間の準備期間がある今節は、連動したプレスを復活させるだけの体力回復も見込める。守備で主導権を握り、連動した攻撃で先手を取る。相手を前掛かりにすることでスペースができれば、好調をキープする永井謙佑の快足も生きるはずだ。

 一時の負のサイクルからは確実に脱している。ビッグスワンは10戦で1勝しか挙げられていない鬼門の地であるが、現在の名古屋はアウェイ2連勝中でもある。リーグ中断期間で反攻体制を整えるためにも、タフに戦い、ジンクスを破る一勝を手に入れたい。(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-4-2
GK
1 楢崎正剛
DF
19 矢野貴章
3 牟田雄祐
4 田中マルクス闘莉王
15 本多勇喜
MF
38 枝村匠馬
28 田口泰士
7 中村直志
10 小川佳純
FW
17 松田力
11 玉田圭司

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
川崎F
28pt
鹿島アントラーズ
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
36pt
大宮
34pt
水戸
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
24pt
熊本
23pt
讃岐
22pt
Jリーグ順位をもっと見る