FOLLOW US

“さいたまダービー”は浦和が敵地快勝で2位キープ…柏木が1G1A

チーム2点目を決め、喜ぶ柏木 [写真]=清原茂樹

 J1第13節が10日に行われ、大宮アルディージャ浦和レッズが対戦した。

 大宮ホームで行われた“さいたまダービー”。16位大宮は前節勝利、ここ3戦1勝2分でダービーを迎えた。一方の浦和は今季好調で、前節は引き分けて首位転落となったが2位に位置している。

 試合は序盤大宮が攻める場面も見られたが、浦和が徐々にペースを握る。29分、左サイド高い位置でボールを奪った浦和は、柏木陽介がペナルティエリア内への浮き球のパスを送ると、興梠慎三がトラップからシュートを決め、先制する。その後も浦和が優勢に試合を進め、前半を終える。

 後半に入ってもボールを支配する浦和は68分、柏木が右サイドからドリブルでペナルティエリア外を左に流れていくとミドルシュートをゴール左に決め、追加点を獲得する。終盤、大宮はパワープレーなどで1点を目指したが、ゴールを割ることはできず。浦和が2-0で勝利した。

 浦和は2試合ぶりの勝利で4試合負けなし。勝ち点を26とし、2位をキープした。大宮は4試合ぶりの黒星となった。

【スコア】
大宮 0-2 浦和

【得点者】
0-1 29分 興梠慎三(浦和)
0-2 68分 柏木陽介(浦和)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO