2014.05.09

【J1第13節予想スタメン 横浜FMvs鳥栖】代表メンバー発表直前、豊田がゴールで最後のアピールなるか

サガン鳥栖のFW豊田陽平 [写真]=Getty Images

■横浜F・マリノス 大黒柱である中村俊輔が今季初めてベンチスタート

 ようやく長いトンネルを抜けた。横浜FMは第11節のG大阪戦で8試合ぶりの白星。6日の第12節は、広島がACLの決勝トーナメントに進んだ影響で延期に。イレブンは2日間のオフを挟むなど、3月29日から続いていた過密日程も一息つき、心身ともにリフレッシュした状況で挑めそうだ。

 首位を走る鳥栖とは抜群の相性を誇る。昨季は天皇杯準決勝を含む公式戦3連勝。ホームでは4戦4勝とデータも後押し。リーグ戦2位タイの7得点を挙げる日本代表候補の豊田陽平にも、これまで得点を許したことがない。上位との勝ち点差を縮めたい樋口靖洋監督は「とにかくよく走る。あれだけスタイルを徹底し、結果を残しているのはたいしたチーム」とリスペクトする一方で、「叩きがいがある」と力を込めた。

 ただ、懸念材料は少なくない。G大阪戦では今季初めて採用した2トップで先制点を奪ったが、全体的に攻め手は乏しかった。本来の持ち味である守備でも連動性が少なく、攻守の課題は残ったまま。加えて、大黒柱である中村俊輔が今季初めてベンチスタート。ボランチには高さ対策で富澤清太郎、左サイドバックにはドゥトラの先発が濃厚だ。大幅なメンバーの入れ替えが、勝利したG大阪戦の流れを変えてしまう危険性をはらんでいる。中村に代わり、先発起用される見込みの日本代表候補の齋藤学は「戦術どうこうじゃなく、やることをやって(12日の代表発表の)結果を待ちたい」と前だけを向いた。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-4-2
GK
1 榎本哲也
DF
13 小林祐三
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
5 ドゥトラ
MF
25 藤本淳吾
26 三門雄大
27 富澤清太郎
11 齋藤学
FW
19 藤田祥史
16 伊藤翔

■サガン鳥栖 暫定首位の鳥栖、過密日程の疲労が懸念点

 前節は柏に勝利し、暫定ながら首位に立った鳥栖。1試合消化が少ない広島との勝ち点差は3ながら得失点差を考えれば暫定と言わず、堂々たる首位と言えるだろう。その結果が示すように選手たちは自信を深め、鳥栖らしい堅守速攻の戦い方をしっかりと表現している。5連戦の最後に控えるのは横浜FM戦だ。横浜Mに対しては、過去リーグ戦で1勝3敗と分が悪く、アウェーでは勝利したことがない。しかも、日程の関係で6日に試合がなかった横浜FMに対し、鳥栖は中3日での試合とディスアドバンテージを背負っての一戦となる。選手層が決して厚いとは言えず、メンバーを固定してきただけに、疲労の蓄積は否めない。運動量が生命線の鳥栖にとっては厳しい条件と言えるだろう。

 ただ、この試合はW杯の日本代表メンバー発表前、最後の試合となり、鳥栖に所属する豊田陽平、林彰洋、安田理大にとっては最後のアピールの場。特に当落線上に位置する豊田は是が非でも結果が欲しいところ。ゴールに対するモチベーションの高さは、チームへ好影響をもたらしてくれるはずだ。

 特にこの連戦中は過去、分の悪かった相手との対戦が続いていたが名古屋、清水、柏と撃破してきた。それだけに打倒横浜FMへの意欲は高いものがある。厳しい条件での一戦となるだけに、先制点は必ずモノにしたい。ここ2試合、ウノゼロで勝ち点3を手にしてきたように、鳥栖らしい戦いで横浜FM戦での勝利を目指す。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
33 林彰洋
DF
15 丹羽竜平
2 キム・ミンヒョク
20 ヨ・ソンヘ
13 安田理大
MF
28 高橋義希
14 藤田直之
8 水沼宏太
25 早坂良太
10 キム・ミヌ
FW
11 豊田陽平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る