2014.05.09

【J1第13節予想スタメン C大阪vs仙台】名古屋戦で今季リーグ戦初得点を挙げた柿谷、2試合連続ゴールなるか

柿谷曜一朗
2試合連続得点に期待がかかる柿谷 [写真]=清原茂樹

■セレッソ大阪 杉本が負傷離脱、南野や永井らの奮起に期待

 3日の第11節名古屋戦では、エース柿谷曜一朗に待望の今季リーグ戦初得点が生まれただけでなく、ディエゴ・フォルランもゴールを記録。後半途中からは数的不利な状況を強いられたが、2-1と勝利し、リーグ戦7試合ぶりの白星を手にした。しかしながら、その3日後に行われたACLラウンド16の第1戦では、ホームで前年度のACL覇者、中国の広州恒大に1-5と完敗。そのショックがまだ残る中、中3日で仙台戦を迎える。

 今節は、名古屋戦で退場処分を受けた山下達也が出場停止となり、センターバックの陣容には変化が生まれるだろう。また、ACLでは山口蛍の右サイド起用というランコ・ポポヴィッチ監督の奇策がはまらなかったが、今節では酒本憲幸、または新井場徹といった右ワイドが本職の選手を起用する従来の形に戻し、立て直しを図るものと思われる。絶対的な守護神であるキム・ジンヒョンが、6日のACLで復帰できた点は心強い。

 一方で、杉本健勇の負傷離脱で攻撃の貴重なタレントを1枚欠くのは痛いが、南野拓実、永井龍、楠神順平、ミッチ・ニコルスといった手ぐすねを引いて出番を待つ選手たちの奮起も期待される。仙台とは3試合連続引き分け中、リーグ戦では2009年のJ2時代以来勝利がないものの、ACLでの屈辱を払拭するためにも、公式戦7試合無敗中のキンチョウスタジアムを味方につけて、何としても勝利がほしいものだ。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
3-4-2-1
GK
1 キム・ジンヒョン
DF
4 藤本康太
3 染谷悠太
30 ゴイコ・カチャル
MF
17 酒本憲幸
6 山口蛍
2 扇原貴宏
14 丸橋祐介
8 柿谷曜一朗
5 長谷川アーリアジャスール
FW
10 ディエゴ・フォルラン

■ベガルタ仙台 前節は神戸に逆転勝利、勢いそのままに連勝を伸ばせるか

 前節に今季ホーム戦初勝利と初の連勝を記録。仙台は勢いを得て、連勝を伸ばすべくC大阪戦に臨む。

 しかし、攻撃力が自慢のC大阪に対し、中央の守備で重要な角田誠が警告累積で出場停止という不安材料がある。前節の仙台は、前半に2失点して苦しい戦いを余儀なくされただけに、攻守のバランスを修正してこの試合に臨まなければならない。背番号6を欠く中、出場できる選手のバランス感覚や距離感の調整が望まれる。立ち上がりの時間帯に相手の勢いに押されないように気をつけなければならないことも、ここ数試合で得た反省材料だ。

 厳しい一戦だが、やはり仙台は前節の逆転勝ちを勢いに変えてここを乗りきりたい。これまで得点力不足に悩まされてきた仙台が、前節の後半だけで4ゴールを叩き出した。PK、裏を突く攻撃、サイド攻撃、ロングボールからのカウンターと、得点の形も様々。得点者のウイルソン、太田吉彰、武藤雄樹にとっては、いずれも今季リーグ戦初得点であり、今後の量産が期待される。「攻撃的なチームを相手に攻めに出て勝てた。これは自信になる」と、太田は自信を深めた様子だ。ボランチの位置から好パスを配球する武井択也、ここ2試合で出場機会を得ている八反田康平、高い技術でジョーカーになるマグリンチィといった中盤の今季加入戦力が好調。彼らが仙台の攻撃に新たな形を加えることにも期待したい。(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
21 関憲太郎
DF
25 菅井直樹
3 渡辺広大
2 鎌田次郎
5 石川直樹
MF
11 太田吉彰
17 富田晋伍
27 武井択也
10 梁勇基
FW
24 赤嶺真吾
18 ウイルソン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る