2014.05.02

【J1第11節直前情報 浦和vsFC東京】決定力が課題のFC東京、セットプレーが鍵を握るか

FC東京のMF東慶悟(左)[写真]=Getty Images

■浦和レッズ 我慢の一戦になると予想

 前々節の柏戦では相手の浦和対策の試合運びに付き合わされ、要所要所でやりたいことをやらせてもらえず、嫌なところを突かれて黒星を喫するという精神的にもダメージのある負け方をした。続く横浜FMとの一戦も相手の堅守に阻まれる我慢の試合となったが、柏戦とは異なり、相手に付け入る隙は与えずに白星を飾った。4月は公式戦全勝とまではいかなかったものの、6勝1敗と上々の成績で終えることができた。体力的にも精神的にも負担の掛かる連戦の中で、負けを引きずることなく5月に向かっていける点は大きい。

 おそらくFC東京戦も我慢の一戦になるだろう。マッシモ・フィッカデンティ監督はイタリア人指導者らしく守備の整備を進めている。宇賀神友弥も「守備に特長を持ったチームで、細かくオーガナイズされている」と話す。浦和と同じスタイルの広島に対し、FC東京が数合わせのシステムで相手の長所を消して戦っていたことを踏まえれば、浦和戦にも同様の対策を練ってくるだろう。膠着した試合になることも予想されるが、そういう時に重要になってくるのがセットプレーだ。浦和はこのところセットプレーから点が取れているだけに期待感が高まる。戦線離脱中の槙野智章はこの試合も欠場する可能性が高い。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 西川周作
DF
46 森脇良太
4 那須大亮
17 永田充
MF
7 梅崎司
8 柏木陽介
22 阿部勇樹
3 宇賀神友弥
30 興梠慎三
9 原口元気
FW
20 李忠成

■FC東京 少ないチャンスをモノにする確実性が必要

 前節名古屋戦は、CKから失点を喫して敗戦。しかし、公式戦ここ5試合は流れの中での失点を許していない。森重真人は「組織として守り切れていることをポジティブに捉え、最少失点を続けていくことが勝利に近づくはず」と自信を見せている。

 また、状況に応じた選手交代とシステム変更が機能。名古屋戦ではビハインドを背負った後、3バックに布陣を変え、リーグ戦初出場となる松田陸を投入して攻撃を活性化させた。相手の出方や状況を判断した上で、チームの共通理解と戦術が全員に浸透しつつあるといえるだろう。

 ただし、連戦による疲労、運動量の低下は気になるところ。また、前節はチャンスを生かしきれず、依然として決定力に課題が残る。そのため今節は攻撃陣のテコ入れをする可能性もありそうだ。だが、カウンター攻撃に徹し、時に前線の選手のみで打開が求められる局面もあり、少ないチャンスをモノにする確実性が必要になる。

 マッシモ・フィッカデンティ監督は「浦和は前線にクオリティの高い選手が揃うJリーグ有数のチーム。それに対してミスを最小限に食い止めなければいけない。特に埼スタでのアウェー戦では、ピッチで起こることだけに集中しなければ」と話し、我慢強く競り勝つことを目指す。セットプレーが勝敗を分けることも考えられるだけに、いかに集中力を保ち続けられるかがカギになりそうだ。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-3-3
GK
20 権田修一
DF
2 徳永悠平
29 吉本一謙
3 森重真人
6 太田宏介
MF
38 東慶悟
4 高橋秀人
7 米本拓司
FW
9 渡邉千真
13 平山相太
14 武藤嘉紀

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る