2014.05.02

【J1第11節直前情報 大宮vs新潟】公式戦11戦負けなしの新潟、攻撃陣の爆発に期待

前節、終了間際に同点弾を挙げた川又 [写真]=嶋田健一

■大宮アルディージャ ポイントは共通認識を持った攻撃や守備

 リーグ戦4連敗で迎えたアウェイのC大阪戦。ロスタイムに追いつかれての引き分けという結果はネガティブになりがちだが、自らチャンスを作り、得点したという点はプラスに捉えることもできる。 家長昭博を中心に個で打開する力を持った選手、1対1に強い選手が多いのは今の大宮の魅力。しかし、攻守にわたり個人の能力に頼りすぎる部分が多いことが気掛かり。ここに共通認識を持った攻撃や守備ができれば、チームとして大きな力が発揮されるだろう。

 その証拠に、今季は残り時間が少なく、ビハインドの展開で、パワープレーで得点して引き分け、もしくは勝利を手繰り寄せている。甲府戦などは、パワープレーに入る時間が早すぎて有効なシーンが少なかったが、共通認識が11人に芽生えた時の力が大きいことは証明している。C大阪戦は、ナビスコ杯浦和戦で見せたような3-6-1に近いシステムで臨み、相手陣深い位置からのロングボールに苦しめられはしたが、最低ラインの勝ち点1を獲得。「流れの中でやられる感じはしなかった」と菊池光将も話しているが、ある程度できることは証明できた。ただ、システムの浸透は時間が必要だろう。

 嬉しいニュースとしては、FWズラタンが今季初得点を挙げたこと。「無失点なら1点で十分」とボランチの片岡洋介は話すが、次節は現在J1で最少失点を誇る新潟だ。堅守の新潟に対し、複数得点を期待することはかなり難しいだろう。まずは失点しないことが重要になってくる。(上野直彦)

■大宮予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 江角浩司
DF
27 今井智基
2 菊地光将
17 高橋祥平
MF
14 中村北斗
38 増田誓志
34 片岡洋介
30 渡部大輔
41 家長昭博
28 富山貴光
FW
11 ズラタン

■アルビレックス新潟 公式戦11戦負けなしも得点力に課題

 第2節でG大阪戦に敗れて以来、ナビスコ杯も含めて負けなし。安定した戦いを見せてはいる。だが、いま一つ爆発力に欠けているのも事実だ。今季リーグ戦ここまで、総得点が9、総失点が7。守備の安定感が目立つ一方で、1試合の平均得点が1点を下回り、得点力不足が顕在化しつつある。

 好調の神戸をホームに迎えた前節は前半、得意のハイプレスからボールを奪う守備が機能せず、リズムを掴めずに苦戦した。柳下正明監督をして、「今季で一番内容が悪い」と言わしめた試合だったが、後半は、ボランチからトップ下にポジションを移した成岡翔の攻守における機転、本拠地デビューとなった小林裕紀の冷静な配球で、それまで単調だった攻撃にリズムが生まれていった。特に小林の縦に入れる長短のパスが活性剤となり、自分たちのペースで試合を進めることができた。小林の配球力がより効力を発揮したのは、成岡のプレーがあってこそ。後半、トップ下的な役割を与えられた成岡は、自陣に強固な守備ブロックを作る神戸に対して、相手選手の間にポジションを取ってパスを受け、効果的に次の攻撃へとつなげた。サイドハーフ、ボランチでも持ち味を発揮できる成岡のトップ下でのプレーは、きっちり守備ブロックを形成することが予想される大宮戦のヒントにもなるはずだ。

 いかにスペースを見つけ、的確に攻略するか。大宮戦ではサッカーの洗練具合が問われる。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
21 守田達弥
DF
27 松原健
4 舞行龍ジェームズ
3 大井健太郎
19 キム・ジンス
MF
10 田中亜土夢
8 レオ・シルバ
18 成岡翔
16 岡本英也
FW
28 鈴木武蔵
20 川又堅碁

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る