2014.05.02

【J1第11節直前情報 名古屋vsC大阪】リーグ戦6試合勝ちなしのC大阪、柿谷の初ゴールは見られるか

今季リーグ戦未だノーゴールの柿谷曜一朗 [写真]=白井誠二

■名古屋グランパス 負の連鎖から脱出できるか?! 今後を左右する一戦に

 長かった。負傷者続出、リーグ戦5連敗と長く暗いトンネルに迷い込んでいた名古屋だが、前節のFC東京戦でついに突破。そこにあったのは、“何とかしよう”というチームの団結力だった。

 メンバーが戻ってきたことも大きい。大武峻が復帰したことで最終ラインが安定し、体に鞭を打って戦う楢崎正剛も、気迫を伴うプレーの連続でクリーンシートを達成した。攻撃では玉田圭司が復帰。キープ力とテクニックを生かして攻撃の形を多彩にし、矢野貴章がCKから決勝点を挙げた。ゴール前の崩しなどは相変わらずの課題だが、悩んでいたセットプレーから得点が生まれたことは一つの収穫だ。

 次の相手は、柿谷曜一朗やディエゴ・フォルランといったタレントを擁するC大阪。なかなか調子が上がらない様子とはいえ、3バックは名古屋が苦手とするシステムであり、容易には勝たせてくれないだろう。サイドの攻防がカギを握るだけに、痛みを抱えてプレーする本多勇喜、負傷者続出のため右SBでのプレーが続く矢野らの奮起は欠かせない。

 今節は負の連鎖を断ち切ったか否かが示される。一つの勝利で風向きが変わることを信じ、それを手にできたからこそ、前節を好転のきっかけにしなければならない。ただ、それは誰もが理解しており、すでに頭を切り替えている。苦境に直面したことで手にした団結力こそ、名古屋最高のプラス材料。正念場は続くが、FC東京戦同様、それぞれが自分の仕事を完遂し、まとまりある戦いを見せたい。(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-4-2
GK
1 楢崎正剛
DF
19 矢野貴章
2 大武峻
4 田中マルクス闘莉王
15 本多勇喜
MF
38 枝村匠馬
28 田口泰士
7 中村直志
10 小川佳純
FW
18 永井謙佑
11 玉田圭司

■セレッソ大阪 活性化している攻撃陣、エース・8番の輝きに期待

 ゴールデンウィークの連戦では2引き分け。前節、大宮戦では、終了間際に杉本健勇のゴールで引き分けに持ち込み、最悪の事態をまぬがれた。しかし、一時はディエゴ・フォルランの2得点で逆転した神戸戦も、守備的な相手から何度も決定機を作った大宮戦も、勝ち切れた試合だったとも言えるだけに、チームには悔しさが残る。

 これでリーグ戦6試合勝ちなし、4月は未勝利に終わったが、心機一転、5月から反攻体制を仕掛けていきたいものだ。昨シーズンも、同じように3月末から4月にかけて、勝てない時期が続きながら、5月になって快進撃を見せ、一気に上位戦線へと食い込んだ。その再現を見せたいところだけに、今節の名古屋とのアウェー戦は重要な一戦となる。

 その鍵を握るのは、4月の5試合で続いた失点を食い止めること。ACL山東魯能戦で負傷したキム・ジンヒョンは、ピッチで練習ができるまでに回復するも、まだ別メニュー調整中。それでも、GK武田博行、DF山下達也を中心に、守備は日に日に改善している。名古屋はセットプレーの強さを持つが、それを防ぎ、今度こそ失点を食い止めたいものだ。
 
 また、リーグ戦でゴールに恵まれていない柿谷曜一朗も、コンディションは上がってきており、昨シーズン2試合とも得点を決めた名古屋戦で、今季J1初得点を狙う。布陣変更後、攻撃陣が活性化しているだけに、決定機は多くなるだろう。チームの勝利には8番の輝きが欠かせない。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
3-4-2-1
GK
1 武田博行
DF
23 山下達也
3 染谷悠太
4 藤本康太
MF
17 酒本憲幸
6 山口蛍
2 扇原貴宏
14 丸橋祐介
8 柿谷曜一朗
5 長谷川アーリアジャスール
FW
10 ディエゴ・フォルラン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る