2014.04.25

【J1第9節直前情報 徳島vs新潟】ナビスコ杯で今季初得点した新潟相手に、本拠地で連敗ストップを狙う

前節、リーグ戦復帰を果たした藤原広太朗(左) [写真]=Getty Images

■徳島ヴォルティス ストロングポイントの機能が、連敗ストップの鍵

 リーグ戦8連敗、ナビスコ杯2連敗。公式戦10連敗と苦しい状況が続く。前々節の神戸戦で2桁台のシュートを放ち惜しい試合運びをしただけに、前節の清水戦での0-4という結果は悔やまれる。攻撃面でもPKのチャンスを決めきれず、シュート数も4本に抑えられた。

 しかし、収穫もあった。藤原広太朗がリーグ戦に復帰し、90分間出場。藤原は昨季、チームで唯一全試合に出場した選手。今節以降はタイトなスケジュール、かつ連戦が続く。連戦前にフレッシュな守備陣が戻ってきたことは徳島にとって明るい話題だ。さらに、今週は2日間のオフを挟み、心身ともにリフレッシュできた状態で新潟戦に挑む。

 今季、新潟とはナビスコ杯第1節で対戦している。昨季までとディビジョンが異なり、対戦経験のないチームと戦い続けている徳島にとって、情報が有るチームと戦えるのは好材料だろう。残念ながら同試合では1-3と敗れたが、中盤で積極的にボールを奪い、良い守備から攻撃へ転じる新潟のスタイルを目の前で感じることができたはずだ。さらに、同試合では今季初ゴールも生まれている。ドウグラスが持ち前の高さと運動量を発揮し、ペナルティエリア内で相手ファールを誘ってPKを手にした。徳島のストロングポイントが機能し、相手の嫌な所を突いた形だった。

 前回対戦の材料を分析し、徳島のストロングポイントが上手く機能すれば、初勝ち点も見えてくるはずだ。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
4-4-2
GK
1 松井謙弥
DF
4 藤原広太朗
26 橋内優也
2 福元洋平
24 那須川将大
MF
10 クレイトン・ドミンゲス
16 斉藤大介
14 濱田武
20 大崎淳矢
FW
13 高崎寛之
9 ドウグラス

■アルビレックス新潟 徳島の策、早い段階での見極めが重要

 前節は広島を一方的に押し込みながら無得点に終わり、スコアレスドロー。勝ち点2を逃した。ここまで総失点5はリーグ最少だが、総得点6はリーグワースト3位タイ。カップ戦を含め、敗れたのは2節G大阪戦のみながらリーグ戦7位と、得点力不足から勢いに乗り切れていない。

 チームは4節鳥栖戦から川又堅碁、3年目の鈴木武蔵が2トップを組む。どちらも裏に抜け出すスピードが持ち味。チームも伝統的にカウンターを得意としている。引かれてスペースを消された時、どう崩すかは大きな課題だ。

 開幕から未だ勝ち点のない徳島が引いてくるのか、ボールを取りにくるのか、試合の早い段階で見極めなければならない。いずれにせよ、前節も鈴木のスルーパスから抜け出した2列目の岡本英也がループシュートを狙ったように、押し込んだ状態から得点する取り組みによって、攻撃のバリエーションは確実に増えつつある。

 さらにキャンプ途中から離脱していた小林裕紀が今週月曜日に行われた富山との練習試合で45分間プレー。徳島戦でこう着状態が続けば、優れたパスセンスを備えたボランチの出番も考えられる。

 徳島には若手主体で臨んだ3月のナビスコ杯で3-1と勝利。鈴木の2得点、高卒ルーキーの小泉慶が先発フル出場でプロデビューと、チームが活力を得た試合だ。昨季、不調にあえぐ大分や磐田に苦杯を喫した新潟だが、その経験も踏まえ、5月の連戦に臨む勢いをつかもうと気を引き締めている。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
21 守田達弥
DF
27 松原健
4 舞行龍ジェームズ
3 大井健太郎
19 キム・ジンス
MF
10 田中亜土夢
8 レオ・シルバ
18 成岡翔
16 岡本英也
FW
28 鈴木武蔵
20 川又堅碁

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る