2014.04.25

【J1第9節直前情報 名古屋vs鳥栖】負傷者続出の名古屋、“スピードスター”永井の活躍に期待

永井謙佑
永井は負傷者続出の名古屋を救えるか [写真]=遠藤健次

■名古屋グランパス ケネディや刀根らも戦線離脱、負傷者続出で正念場を迎える

 負の連鎖が止まらない。前節の甲府戦に敗れて4連敗を喫しただけでなく、翌週にはケネディ、刀根亮輔、望月嶺臣の3選手が離脱。これでチームの負傷者は、野田隆之介、森勇人、小屋松知哉、玉田圭司、牟田雄祐、田鍋陵太、大武峻と合わせて10名にまで膨れ上がってしまった。痛みを抱えながら練習している選手も多く、西野朗監督も「紅白戦もできない」と深刻な表情。メンバー変更は今節も避けられず、右SBには矢野貴章、CBにはダニルソンを起用するしかなさそうだ。

 しかし、だからこそ屈強な選手が最終ラインを固めるストロングポイントを出したいところだ。鳥栖とは公式戦で5度対峙して4勝1分の無敗。昨季は押し込まれる展開でも、セットプレーを生かして勝利を挙げており、相性も抜群に良い。苦しい状況は変わらないが、小川佳純が「うまくいっていない時こそ、大事にしたい」と話すように、セットプレーから“強さと高さ”を生かしたい。

 そして攻撃陣では、永井謙佑の出場停止が明ける。第7節の浦和戦ではようやくJ復帰後初ゴールを奪っており、安堵の表情を浮かべていた。たった一つの勝利でチームの流れが好転するのと同じように、FWという生き物はゴール一つで蘇るもの。スピードスターの復活に期待が懸かる。

 今節からゴールデンウィークの連戦に入るJリーグ。このままズルズルいかないためにも、連戦初戦で連敗を止め、暗雲を一掃しておきたい。(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-4-2
GK
1 楢崎正剛
DF
19 矢野貴章
4 田中マルクス闘莉王
8 ダニルソン
15 本多勇喜
MF
38 枝村匠馬
28 田口泰士
7 中村直志
10 小川佳純
FW
17 松田力
18 永井謙佑

■サガン鳥栖 リーグ戦2連勝と好調、名古屋から公式戦初白星なるか

 仙台戦ではアウェイながら3-0と完勝を飾り、これでリーグ戦2連勝。5勝3敗と白星を2つ先行させることに成功した。連勝したことに加え、けが人が続出していた中での勝利は、チームの勢いを増す明るい材料になっている。

 しかし、今節対戦する名古屋は鳥栖にとってリーグ屈指の天敵とも言える相手。J1昇格以降、公式戦1分4敗と勝利したことがない。一方で、名古屋にけが人が続出していることもあり、チーム状況で言えば鳥栖に分があると言えるだろう。キム・ミヌが「ぜひ、倒したい」と語るように、選手たちも名古屋戦に意気込みを見せている。

 ただ、やはり警戒すべきはセットプレーだろう。田中マルクス闘莉王やダニルソンなど、長身選手を多く揃える名古屋に対し、前節もセットプレーからあわや失点の場面を作られた鳥栖は、より集中した対応が求められる。課題を改善したとは言い切れないだけに今節は真価が問われるだろう。前節は結果を出したとはいえ、坂井達弥とキム・ミンヒョクのCBはまだまだ経験が浅い。チーム全体としていかにカバーしていけるかもポイントになるはずだ。

 攻撃に関しては、依然として良い状態をキープしている。前節は左SBの安田理大のクロスに右SBの丹羽竜平が合わせての得点など、これまでになかった攻撃のバリエーションも出てきている。チーム状態は間違いなく上向き。名古屋から初勝利を挙げる可能性は十分にあるだろう。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
33 林彰洋
DF
15 丹羽竜平
2 キム・ミンヒョク
5 坂井達弥
13 安田理大
MF
14 藤田直之
6 岡本知剛
8 水沼宏太
22 池田圭
10 キム・ミヌ
FW
11 豊田陽平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る