2014.04.18

【J1第8節直前情報 FC東京vsC大阪】ポポヴィッチ監督が味スタ凱旋、観戦チケット完売で注目度も抜群

昨季までFC東京を率いたポポヴィッチ監督がC大阪指揮官として味スタに凱旋する [写真]=Getty Images

■FC東京 チーム状態は上向き、真価が問われるC大阪戦

 前節の広島戦では惜敗を喫したが、チーム状態が上昇傾向にあるのは間違いない。16日のナビスコ杯神戸戦では躍動感のある攻撃で3得点を挙げ、守っては今季公式戦初完封。反攻に向け、マッシモ・フィッカデンティ監督は「選手たちと3カ月前からいくつかの戦術を試しているが、そのメカニズムが浸透してきたと感じている」と自信の笑みを浮かべた。

 アタッカー陣は熾烈な生存競争にあおられ、軒並み調子が良い。レギュラーを奪い取った平山相太、攻撃の核になりつつある河野広貴の中心軸2人に加え、プロ初ゴールを挙げたルーキーの武藤嘉紀、神戸戦で復活をアピールする得点を決めたエドゥーが続く戦力層は頼もしい。

 連動した守備、手数をかけない攻撃スタイルが徐々に研ぎ澄まされ、森重真人が「だんだんチームとしての粗さが取れてきたのだと思う」と語るなど、選手たち自身が成長を実感し始めているのが好調の証しだろう。

 C大阪戦は、その真価が問われる試金石になる。守備陣は柿谷曜一朗、ディエゴ・フォルランといった強力アタッカーを封じられるか。米本拓司らが網を張る中盤で、元同僚の長谷川アーリアジャスール、山口蛍の攻撃を食い止められるか。高い個人能力に対する対応力、満員が予想される異様な味スタの雰囲気、波の少ない戦いができるかどうかに懸かっている。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-3-1-2
GK
20 権田修一
DF
2 徳永悠平
29 吉本一謙
3 森重真人
6 太田宏介
MF
7 米本拓司
4 高橋秀人
8 三田啓貴
17 河野広貴
FW
13 平山相太
14 武藤嘉紀

■セレッソ大阪 古巣対決となるポポヴィッチ監督の采配、長谷川の活躍に注目

 ミッドウィークに行われたACLの浦項スティーラーズ戦を0-2で落とし、最近の公式戦5試合勝ちなしと苦戦を続けるC大阪。それでも、リーグ戦では首位の広島と勝ち点5差の8位につけ、ACLでも次戦に勝てば決勝トーナメントに進出することができる位置にいる。それだけに、過密日程ではあるが、このFC東京戦、そして、次週のACL山東魯能戦は、前半戦の大きな山場。ここで勝つか負けるかにより、今季のチームの行方が大きく変わるだけに、アウェイ戦ではあるが、なんとしても白星を挙げたいところだ。

 今回乗り込む味スタは、昨シーズン、キム・ジンヒョンのゴールキックから、抜け出した柿谷曜一朗が値千金の決勝弾を決めて、劇的な勝利を果たした場所。しかも、ランコ・ポポヴィッチ監督、長谷川アーリアジャスールにとっては、昨年まで在籍していた古巣との初対決。恩返しとなるような勝利を、ゴールを、かつての庭で成し遂げたいことだろう。

 さらに、ACLでは累積警告により出場停止だったゴイコ・カチャルと扇原貴宏がチームに復帰。そのうえ、ACLで約1カ月ぶりにプレーした藤本康太も同試合でフルタイム出場し、存在感を発揮していただけに、守備陣には光明が見えてきた。

 苦手とするハイプレスを多用するFC東京との対戦になるが、これをかいくぐって、第4節鹿島戦以来となる勝利を、ぜひとも手に入れたいものだ。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-2-3-1
GK
21 キム・ジンヒョン
DF
17 酒本憲幸
30 ゴイコ・カチャル
23 山下達也
14 丸橋祐介
MF
6 山口蛍
5 長谷川アーリアジャスール
20 杉本健勇
10 ディエゴ・フォルラン
13 南野拓実
FW
8 柿谷曜一朗

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
43pt
Jリーグ順位をもっと見る