2014.04.12

フォルランが加入後初の2得点…2年ぶり白熱“大阪ダービー”はドロー

フォルラン
先制点を決めたフォルラン(右2番目)を祝福するC大阪の選手たち [写真]=白井誠二

 J1第7節が12日に行われ、セレッソ大阪とガンバ大阪が対戦した。

 2年ぶりの“大阪ダービー”となった同試合は、一般発売のチケットが前売りで完売となるなど大きな注目の中、キックオフを迎えた。

 立ち上がりの2分にC大阪は、柿谷曜一朗のドリブルでの持ち上がりからのミドルシュートがG大阪GK東口順昭を襲うと、同プレーで得たCKから、今度は山口蛍がミドルレンジでボレーシュートを放つ。ここもGK東口が横っ飛びで弾くなど、C大阪が勢いを見せる。一方のG大阪は縦に速い攻撃でチャンスをうかがう。

 迎えた21分、C大阪は柿谷からペナルティエリア内の山口にパスが渡ると、ダイレクトパスを受けたディエゴ・フォルランが、ワントラップから右足でゴール右へシュートを決め、先制する。フォルランはリーグ戦2得点目となった。

 1点を追うG大阪だがトラブル。CKの際にニアサイドへ飛びこんだ今野泰幸が相手DFともつれて負傷。37分に佐藤晃大との交代を強いられる。しかし、42分にG大阪は右サイドの浅い位置でFKを得ると、遠藤保仁の送ったボールからGKキム・ジンヒョンと山下達也が交錯し、こぼれたボールを拾った阿部浩之がエリア内左で左足を振り抜き、ネットを揺らして同点とする。

 後半、立ち上がりから押し込む時間が増えたG大阪は53分、阿部が長谷川アーリアジャスールからボールを高い位置で奪うと、そのまま振り切って右足のミドルシュートをゴール正面から右隅へ決めて逆転に成功する。

 後半は劣勢の続いていたC大阪は62分、相手ハンドでゴール正面やや左の位置でFKを得ると、フォルランが短い助走からゴール右へ、低い弾道のシュートを直接決めて同点とする。

 その後、両チームとも勝ち越し点を目指して攻めるが、得点は生まれず。2-2のドローに終わった。C大阪はリーグ戦3試合勝利なし、G大阪は4試合勝利なしとなった。

【スコア】
C大阪 2-2 G大阪

【得点者】
21分 ディエゴ・フォルラン(C大阪)
42分 阿部浩之(G大阪)
53分 阿部浩之(G大阪)
62分 ディエゴ・フォルラン(C大阪)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
41pt
FC東京
34pt
川崎F
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る