2014.04.04

【J1第6節展望&予想スタメン】FC東京vs鳥栖 代表候補合宿に3名選出の鳥栖、アウェイで勝ち星なるか

日本代表候補に選出された鳥栖の豊田陽平 [写真]=Getty Images

■FC東京 先制点を奪えるかが勝利のカギ

 前節のアウェイ清水戦でようやくリーグ戦初白星を挙げた。トップ下で起用された河野広貴が得意のドリブルで攻撃にアクセントを生み出し、2年目の野澤英之がアンカーのポジションで攻守を下支えする活躍を披露した。加賀健一の故障に伴い、センターバックに入った吉本一謙が抜群の対人守備の強さを発揮するなど、新戦力の台頭によってチームの歯車がうまく回り始めた。

 マッシモ・フィッカデンティ監督は「勝つことは重要だったが、今は次の試合のことを考える必要がある。勝利につながらない試合でも自分たち自身を信じてきた。これからも信じてやっていく必要がある」と、不変のメンタリティーを強調。高橋秀人、東慶悟、渡邉千真ら実力者がベンチに控える選手層は頼もしく、鳥栖戦で勝利できれば、遅ればせながらも上昇気流に乗っていけそうだ。
 
 不安要素は、累積警告で出場停止となる森重真人の不在にほかならない。唯一、代えのきかない中心軸だけに、吉本、加賀のセンターバック陣が鳥栖の豊田陽平を封じられるか、リーグ戦で4試合続けて先制点を献上している悪癖を解消できるかが重要なポイントになる。エドゥー、武藤嘉紀、河野のアタッカー陣も戦術面での適応はまだまだ十分とは言えないだけに、今後に向けて試金石となりそうだ。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-3-1-2
GK
20 権田修一
DF
2 徳永悠平
29 吉本一謙
5 加賀健一
6 太田宏介
MF
7 米本拓司
34 野澤英之
8 三田啓貴
17 河野広貴
FW
11 エドゥー
14 武藤嘉紀

■サガン鳥栖 日本代表候補合宿メンバーに3人が選出

 前節、G大阪戦で勝利し、リーグ戦での連敗を2で止め、3月の月間成績を勝ち越しで終えた鳥栖。水曜日にはナビスコ杯の鹿島戦を戦うタイトな日程だったがユン・ジョンファン監督は大幅にメンバーを入れ替え、主力組には休養を与える措置をとった。主力組は今節のFC東京戦に集中して準備を進めることができた一方で、ナビスコ杯で敗れたことでチームとしての勢い、流れは寸断された形だ。また、チャンスが与えられた控えメンバーたちだったが、ほぼ防戦一方の試合展開を強いられ、目立つようなパフォーマンスは見せられず。チームの層の薄さを露呈する結果となってしまった。

 ただ、明るいニュースもある。3日に発表された日本代表候補合宿メンバーに豊田陽平、安田理大、林彰洋の3人が選出され、さらなる活躍が期待される。チームにとっても明るい話題が生まれたことはプラス材料のはずだ。

 今節、対戦するFC東京といえば、鳥栖にとっては天敵とも言うべき渡邉千真の存在がある。昨季もリーグ戦ではいずれの対戦でもゴールを許し、さらにはプレシーズンマッチでも得点を奪われるなど、全クラブを見ても最大の天敵と言える存在だ。さらに前節、G大阪戦で菊地直哉が負傷。長期離脱になってしまっただけに鳥栖にとっては大きな正念場となる一戦。鳥栖らしい全員守備で菊地不在の穴を埋め、天敵封じに挑まなければならない。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
33 林彰洋
DF
15 丹羽竜平
2 キム・ミンヒョク
20 ヨ・ソンヘ
13 安田理大
MF
28 高橋義希
14 藤田直之
8 水沼宏太
22 池田圭
10 キム・ミヌ
FW
11 豊田陽平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る