2014.04.04

【J1第6節展望&予想スタメン】新潟vs横浜FM 相性面で新潟に分、日本代表候補合宿招集の川又に注目

川又堅碁
日本代表候補合宿に招集された川又 [写真]=Getty Images

■アルビレックス新潟 横浜FMに昨季2勝も慢心はなし

 ホームに迎えるのは昨季2勝している横浜FM。しかし、新潟の選手が慢心しているわけではない。エースの川又堅碁は「昨年の準Vチームだし、いい選手も多い。だからこそ点を取りたい」と表情を引き締める。7日からの日本代表候補キャンプに初選出され、「いいコンディション、いいモチベーションで臨むためにも、マリノス戦で自分らしいプレーをしたい」と気合十分だ。

 その川又がベンチスタートとなったナビスコ杯の名古屋戦は、リーグ第5節C大阪戦から先発4人が入れ替わった。前半で2点をリードしながら、後半早々に連続失点。一時は逆転されるなど、隙を見せたのは気になるところ。CKから失点するなどセットプレーの守備が不安定で、優れたキッカーと合わせる選手がそろう横浜FMとの一戦を前に、守備を引き締めるのは急務だ。

 C大阪戦で左太ももに違和感を感じた田中亜土夢は名古屋戦を回避。しかし横浜FM戦に向けて調整を進めており、出場には支障がない見通しだ。

 名古屋戦では明るい材料も。89分に飛び出したルーキー小泉慶の同点ゴールは、加藤大、成岡翔との連係から生まれたもの。「3人目の動き」を見せた小泉のプロ初ゴールこそ、「チームとしてトレーニングで求めている形」(成岡)。バリエーション、若手の台頭を含め、攻撃面が活性化されている。

 ハイプレスとハードワークで、いかに勝機を見いだすか。アプローチは昨季の連勝に準じる。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
21 守田達弥
DF
27 松原健
4 舞行龍ジェームズ
3 大井健太郎
19 キム・ジンス
MF
10 田中亜土夢
8 レオ・シルバ
18 成岡翔
16 岡本英也
FW
20 川又堅碁
28 鈴木武蔵

■横浜F・マリノス 苦手のアウェイ戦で勝ち点奪取なるか

 2日のACL第4戦で公式戦4試合ぶりの白星をつかんだ横浜FM。中町公祐は「一つ勝って、流れは変わる」と好意的に受け止めたが、2008年以来、リーグ戦での勝利がない鬼門のアウェイ(2分4敗)と厳しい戦いが予想される。

 昨シーズンは第7節で対戦し、開幕からの連勝を止められた。また、勝てば優勝が決まる本拠地での第33節でも激しいプレスで防戦一方。Jリーグ史上最多の6万2632人の前で敗れた記憶は新しい。樋口靖洋監督は「2ゲームとも主導権を握れなかった。プレスを外せるように、勇気を持ってやりたい」と警戒を強める。

 懸念は守備に綻びが見られる点だ。前節の鹿島戦では後半だけで3点を奪われ、今季初の逆転負け。3日のACLでも終了間際に失点するなど、昨季の躍進を支えた堅守の立て直しが必須。藤本淳吾も古傷が思わしくなく、ベンチから外れる可能性が高い。

 一方で、7日から始まる日本代表の国内合宿に招集された齋藤学が左ふくらはぎ痛から復帰予定。途中出場だった甲府戦、欠場した鹿島戦は効果的に攻められなかっただけに、ドリブラーへの期待は高まる。兵藤慎剛は「去年やられたリベンジをしないといけない」とチームの思いを代弁した。優勝をあと一歩で逃した屈辱は、イレブンの誰もが忘れてはいない。リーグ戦3試合ぶりの白星へ、モチベーションはいつも以上に高まっている。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 榎本哲也
DF
13 小林祐三
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
23 下平匠
MF
8 中町公祐
27 富澤清太郎
7 兵藤慎剛
10 中村俊輔
11 齋藤学
FW
16 伊藤翔

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る