2014.04.04

【J1第6節展望&予想スタメン】浦和vs仙台 代表候補に選出の原口元気、ホームでゴールなるか

原口元気
原口ら攻撃陣のトライアングルに期待 [写真]=Getty Images

■浦和レッズ ナビスコ杯では前線の新ユニットが機能

 浦和は無観客試合後、初のホームゲームとなったナビスコ杯の大宮戦で2-1と勝利。スコアこそ僅差だったが、内容的には圧勝だった。特に李忠成を1トップ、原口元気と興梠慎三を2シャドーに置く新たなトライアングルが抜群に機能していた。

 また、期待の新星、関根貴大がさいたまダービーで初スタメンを飾ると、注目の舞台でも持ち味を存分に披露。得意のドリブルで何度も勝負を仕掛け、サイドを制圧した。恐れ知らずの若武者は間違いなくチームに良い刺激を与えている。

 さらに、さいたまダービーでは移籍してから故障でずっと戦列を離れていた青木拓矢が実戦復帰。古巣との一戦で浦和デビューを飾ると、決勝弾まで決めるという派手な復活劇を飾った。

 一方、最近の試合で気になるのは、今季のテーマとして掲げたはずの守備面に不安要素が出始めていることだ。神戸戦ではビルドアップのミスで立て続けに失点を重ねたが、むしろ失点の場面以外でリスクマネジメントの意識を欠く危ういポジション取りが散見されたことの方が注意すべき点。続く大宮戦でも、相手の拙攻に助けられて目立たなかったが、バランスが取れていない局面が何度も見られた。

 仙台は新監督のもとで未だ公式戦白星なしと苦しんでおり、チーム状態を比較すれば浦和有利と思われるが、仙台がJ1に復帰した2010年からのリーグ対戦成績を見ると、浦和は6分2敗と一度も勝てていない。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 西川周作
DF
46 森脇良太
4 那須大亮
5 槙野智章
MF
14 平川忠亮
8 柏木陽介
22 阿部勇樹
3 宇賀神友弥
30 興梠慎三
9 原口元気
FW
20 李忠成

■ベガルタ仙台 今季公式戦勝ち星なし、“苦手”埼スタで初白星なるか

 今季初勝利が求められる試合を、厳しい場所で迎えることとなった。リーグ戦とカップ戦を合わせて開幕から7試合を戦うも、3分4敗という成績で今季公式戦で勝てていない仙台。何としてでも初勝利が欲しいが、次節は過去に勝利したことのない埼スタでの浦和戦だ。

 仙台の公式戦ここ2試合では、先制するも運動量が落ちて追いつかれるかたちが続いている。得点力不足で2点目が取れていない状況から脱するには、攻撃に厚みを持たせなければならない。ボール保持能力に長けた浦和と敵地で対戦するとあっては押し込まれる時間も多くなると予想されるが、たとえわずかでも訪れるであろうチャンスの際には、複数人が相手ゴール前に入り、セカンドボールを拾って二次攻撃につなげられるような意思統一を求めたい。

 第5節甲府戦から4-4-2を採用して以来、ウイルソンを筆頭に選手たちのランニングから迷いが消え始めている。あとはそれをシュートチャンスにつなげ、確実に決めたいところだ。甲府戦で今季初出場を果たしたベテランの柳沢敦には、豊富な経験をもとに、攻撃の圧力が高い相手との対戦でもボールを落ち着かせる役割が期待される。彼の気の利いた動きに他の選手が呼応することで、攻撃を活性化させたい。また、流れの中でのゴールはないものの、セットプレーでの攻撃は仙台の強みだ。梁勇基に続いてマグリンチィもキッカーに名乗りを上げており、セットプレー獲得時の工夫にも期待したい。(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
21 関憲太郎
DF
25 菅井直樹
3 渡辺広大
2 鎌田次郎
5 石川直樹
MF
8 マグリンチィ
17 富田晋伍
6 角田誠
10 梁勇基
FW
13 柳沢敦
18 ウイルソン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る