FOLLOW US

元日本代表FW高原直泰、東京VからJ3の相模原に期限付き移籍

日本を代表するストライカーである高原直泰 [写真]=Getty Images

 元日本代表FW高原直泰がJ2の東京ヴェルディから「2014 明治安田生命 J3リーグ」のSC相模原に期限付き移籍すると、21日に両クラブから発表された。

 高原は移籍の際、「短い間でしたが、1年間お世話になりました。ファンやサポーターの皆様の応援が、チームにとって大きな力になります。これからもヴェルディの選手たちに大きな声援を送ってください」と東京Vを通じてコメントした。

 34歳の高原は、清水東高校から1998年にジュビロ磐田入り。海外クラブでは、ボカ・ジュニアーズやハンブルガーSV、フランクフルトに在籍した。2008年に浦和レッズに移籍して、日本に復帰。韓国の水原三星ブルーウィングス、清水エスパルスを経て、昨季に東京ヴェルディに移籍していた。日本代表でも、国際Aマッチ57試合出場で、23得点を記録している。

 背番号は「31」で、期限付き移籍期間は、2015年1月15日までとなっている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA