2014.03.20

【J1第4節展望&予想スタメン】G大阪vs広島 不安材料の多いG大阪、広島は万博に苦手意識

コンディションが懸念される遠藤 [写真]=Getty Images

ガンバ大阪 宇佐美不在の影響大、FW陣にゴールが欲しい

「アウェイ2連戦で勝ち点4は悪くない」と言う丹羽大輝の見解はチーム全体の共通認識だ。連勝こそ逃したものの、前節もアウェイの仙台戦で手堅く勝ち点1をもぎ取った。選手たちが自信をにじませる根拠の一つが開幕からわずか1失点の守備力にある。

 2年ぶりにJ1に復帰したG大阪は、従来の戦いぶりとは異なり、時に割り切って守る守備の堅さも持ち合わる。浦和戦ではセットプレーから1失点したが、リーグ戦3試合を終えて流れの中から崩された場面は皆無に近く、今野泰幸内田達也のダブルボランチで中央を固める守備陣に大崩れはない。

 ただ、堅守とは対照的に表看板の攻撃陣は未だ本領発揮にはほど遠い。仙台戦では試合終盤に放った苦し紛れのシュート1本にとどまっており、G大阪らしいパスワークで押し込む場面は数少ない。3試合で無得点のFW陣の奮起が必要だ。宇佐美貴史の離脱の余波をもろに受けている前線は、未だに理想型を模索している。攻守にハードワークする佐藤晃大の相棒探しは、まだ答えが出切っていないが、仙台戦で途中出場したリンスが随所に好プレーを披露。ナビスコ杯では先発出場しただけに、広島戦でもチャンスはありそうだ。

 コンディションが万全でない遠藤保仁岩下敬輔だけでなく、仙台戦では藤春廣輝もふくらはぎに違和感を覚え、ナビスコ杯の神戸戦を回避。昨年のJ1王者に挑む一戦に欠かせない主力の状態は気掛かりな点だ。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 東口順昭
DF
21 加地亮
8 岩下敬輔
5 丹羽大輝
4 藤春廣輝
MF
27 内田達也
15 今野泰幸
13 阿部浩之
9 リンス
7 遠藤保仁
FW
20 佐藤晃大

サンフレッチェ広島 相性の悪い万博競技場で白星なるか

 カップ戦で勝利しているため、あまり相性を気にしたことはなかったが、実はリーグ戦における広島と万博競技場との関係性はすこぶる悪い。2000年4月8日、後半アディショナルタイムに服部公太のFKで同点に追いつき、上村健一のヘッドでのVゴール勝ちが、広島の万博におけるリーグ戦最後の勝利だ。90分での勝利でいうなら、1998年9月19日、伊藤哲也と久保竜彦のゴールで2-0の勝利を飾って以来、広島は万博で勝てていない。2点リードしても逆転された2005年。G大阪がJ2に降格し、広島が優勝した2012年も1-1で引き分けるのが精一杯だった。広島にとって最も勝てなかった会場はIAIスタジアム日本平(1996〜2010)の15年間だが、万博との相性もその域に達しようとしている。

 今季の万博対決も、広島には暗雲が漂う。リベロ・千葉和彦が前節の浦和戦で負傷し、ACL対FCソウル戦を欠場。今節の出場もどうやら厳しそうだ。さらにこの試合は、第2節の川崎戦から続く5連戦の最後にあたり、疲労もピーク。森保一監督も選手のやりくりに苦心せざるを得ない状況にある。

 ただ、ソウル戦でACL初勝利を飾った広島の士気は上がっている。特に、公式戦4得点中決勝点が3点という塩谷司の存在は、相手にとって脅威そのもの。また、負傷から開幕に出遅れた髙萩洋次郎もソウル戦で1得点1アシストを記録し、復活ののろしを高々と上げた。苦闘の歴史に終止符を打つべく、紫の戦士は2年ぶりに万博に乗り込む。(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
1 林卓人
DF
4 塩谷司
5 千葉和彦
33 水本裕貴
MF
14 ミキッチ
6 青山敏弘
8 森崎和幸
16 山岸智
9 石原直樹
10 高萩洋次郎
FW
11 佐藤寿人

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る