2014.03.20

【J1第4節展望&予想スタメン】甲府vs横浜FM 盛田を起点に横浜FMの牙城を崩せるか

横浜FMの堅守を支える榎本(左)と中澤(右) [写真]=Getty Images

ヴァンフォーレ甲府 後半のゲーム展開が勝敗の鍵を握る

 甲府にとって前節・新潟戦の前半は、城福浩監督が「FC東京戦よりはるかに良かった」と評価するように、今後への手がかりとなる好内容だった。長いボールを使って相手のDFを下げつつ、1トップ盛田剛平に当てた後の二次攻撃が機能。盛田がゴールを挙げただけでなく、彼の起用で他の選手も自由を得た。決定機でのミスが響いてゴール数は「1」にとどまったが、 “いい形でフィニッシュに持ち込む”場面は新潟より多かった。また“幅と深み”を上手く使うことにより、自らのミスでカウンターを受ける場面も減らすことにも成功した。

 一方で後半の試合運びにはなお課題が残る。新潟にボールを持たれて押し込まれ、引き過ぎてセカンドボールを拾えない展開となった。流れの中での失点こそなかったが、開幕戦で4失点を喫したセットプレーから、再びゴールを奪われている。悪い流れ、押し込まれる展開になれば、アクシデントやセットプレーから失点を喫する確率は必然的に高まる。これに対して、城福監督はただ耐えるだけでなく、適切なタイミングでボールを奪いに踏み込む、流れの“断ち切り方”をチーム内で確認したと明かす。

 ただ、そうなった理由は前半から長いボールを多用して“飛ばした”ことによるスプリント、競り合いの増加だろう。加えて甲府はベテランが多く、10名は15日の新潟戦、19日のナビスコ杯名古屋戦に連続出場をしている。試合運び、後半の運動量低下は甲府の懸念材料だ。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
22 岡大生
DF
26 青山直晃
4 山本英臣
6 佐々木翔
MF
2 福田健介
8 新井涼平
5 マルキーニョス・パラナ
27 阿部翔平
15 河本明人
10 クリスティアーノ
FW
18 盛田剛平

横浜F・マリノス リーグ戦未だ無失点の堅守な守備陣

 16日間で5試合に挑む過密日程のラスト5試合目となる甲府戦は、チームの総合力が試される。主力の大半が片道8時間のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)第3戦メルボルン・ビクトリー戦(18日)から中4日だが、国内にとどまった3人が勝利へと導く。主将のMF中村俊輔、最終ラインを統率するDF中澤佑二、2ゴールを記録するFW伊藤翔だ。前節徳島戦ではACL第2戦広州恒大戦(12日)でベンチ外だった富澤清太郎藤本淳吾、伊藤が得点するなど、ターンオーバー制が好循環を生み出した。メルボルン戦では押し込みながらも、決め手を欠いて0-1の惜敗。チームに漂う嫌な流れを変えるのは、攻守の軸を担うベテラン、そして勢いに乗るストライカーの役目となる。

 甲府戦は2006年8月以降、リーグ戦4勝3分と相性も悪くない。開幕から3試合連続無失点の堅守が3試合で2得点の甲府攻撃陣をシャットアウトする。

 ただ、体調面の不安は尽きない。日本代表の齋藤学、右SB小林祐三はゼロックス・スーパーカップを含め7試合連続で先発を張る。メルボルン戦では齋藤がドリブルで交わせないシーンも目立った。アタッカーの回復具合が勝敗の鍵を握りそう。昨季、甲府とは2引き分け。「昨年のことを考えると、どんな時でも勝ち星を積み上げたい」と富澤。開幕6連勝を遂げた昨季の再現へ、まだまだ白星を追い求める。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 榎本哲也
DF
13 小林祐三
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
23 下平匠
MF
8 中町公祐
27 富澤清太郎
25 藤本淳吾
10 中村俊輔
11 齋藤学
FW
16 伊藤翔

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る