FOLLOW US

横断幕問題で浦和に制裁…23日の清水戦はJ初の無観客試合に

 8日に行われたJ1第2節の浦和レッズサガン鳥栖戦で、浦和側のスタンドのコンコースに『JAPANESE ONLY』と、差別的な表現として受け取られる可能性のある横断幕が掲げられた問題に関し、Jリーグは13日、浦和レッズに対する制裁内容を明らかにした。

 制裁内容は譴責(始末書をとり、将来を戒める)と無観客試合の開催。23日に埼玉スタジアムで行われるJ1第4節の清水エスパルス戦が対象試合となった。Jリーグの無観客試合は初となる。制裁理由については「浦和レッズは、スタジアム内において不適切な内容が書かれた横断幕が掲出されたにもかかわらず、試合終了後まで当該横断幕を撤去できなかった」ことや、「当該横断幕の記載内容は『JAPANESE ONLY』であり、差別表現と受け止めた方もいることから、その掲出意図に関わらず差別的内容と判断できる」などが挙げられた。

 また、Jリーグは「浦和レッズは2010年に、サポーターが本件と類似したトラブルを起こしたことによって制裁を受けており、本件は累犯となる。また、2010年に制裁を受けた事実以外にも浦和サポーターは、これまでも度々トラブルを起こしている」と過去の事例に触れ、「浦和レッズは、過去にサポータートラブルの件でJリーグから再三の制裁を科されているにも関わらず、本件のような結果に至った責任は非常に重大である」と発表した。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA