2014.03.07

【J1第2節展望&予想スタメン】浦和vs鳥栖 開幕戦で勝利した両チーム、どちらが勢いに乗るか

開幕戦でゴールをあげた槙野[写真]=Getty Images

■浦和 堅守速攻の鳥栖に守備が通じるか

 開幕戦では、かつて宿敵として一時代を築いたG大阪を1ー0で下した浦和。完封勝利という事実が示すように、浦和は守備意識の高さが昨年とは違うというところを見せた。

 独特のシステムでボールを回しながら相手を押しこむ攻撃姿勢はこれまで通りに保ちながら、ボールを失った際にはすぐに帰陣して5−4−1のブロックをしっかり構築。ラインもずるずると下がらず高さを保ち、コンパクトに守る戦いを90分間続けられたことは今後に向けて大きな財産となるだろう。また、原口元気が攻撃で存在感を示したのみならず、守備面での貢献も目立ったのも高材料と言えるだろう。

 ただ、G大阪戦で守備がうまく機能したからといって、そのまま鳥栖にも通用するかどうかは分からない。鳥栖は基本的に堅守速攻型のチーム。守から攻への切り替えの意識が非常に高く、ダイレクトプレー志向でゴールに向かってくる。中盤を作って攻めようとするG大阪とはタイプが異なり、少ない手数で泥臭くチャンスを作ろうとするが、その攻めに対処できるか。そのなかで、昨季第33節の試合でハットトリックを決められた豊田陽平を抑えられるかどうかも気になるところだ。また、今週の練習で別調整が続いた那須大亮が欠場する可能性が高く、永田充がしっかりと穴を埋められるかどうかも注目ポイントだ。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 西川周作
DF
46 森脇良太
17 永田充
5 槙野智章
MF
14 平川忠亮
8 柏木陽介
22 阿部勇樹
3 宇賀神友弥
7 梅崎司
9 原口元気
FW
30 興梠慎三

■鳥栖 鬼門の浦和攻略なるか

開幕戦は5得点の大量得点に加え、無失点と内容と結果がついてくる会心の勝利となった。クラブ史上、J1では初の開幕戦勝利にチームの雰囲気も明るい。さらに開幕戦を終えたばかりとはいえ、首位に位置したことで選手たちのモチベーションも高いものになっている。ただ、今節迎える浦和とのアウェイ戦はJ1昇格後、2試合を戦い、4失点、6失点と大量失点で連敗する鬼門となっている。大量得点の後の試合の難しさも相まって非常に厳しい戦いが予想される。

 しかしながら、5日に行われた代表の試合に豊田陽平が出場し、W杯出場に向けて個人としてのモチベーションも高く、チームも援護射撃を惜しまない姿勢を見せているのは明るい材料だろう。浦和のホーム開幕戦ということもあり、独特の雰囲気が予想されるが、耐える展開の中でどれだけカウンターを繰り出し、少ないチャンスをものにできるかどうかが勝負の鍵を握ることになりそうだ。播戸竜二が負傷したことで控えに純粋なFWがいないという点は気がかりな点だが攻撃陣はいずれも好調を維持しており、アウェイの浦和戦とはいえ、十分に期待が持てるだろう。開幕戦の大勝で勢いづくチームが鬼門攻略できるかどうかに注目が集まるが過去2戦とは違う姿を見せてくれるのは間違いないと予想する。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
33 林彰洋
DF
15 丹羽竜平
36 菊地直哉
20 ヨ・ソンヘ
13 安田理大
MF
29 谷口博之
14 藤田直之
25 早坂良太
22 池田圭
10 キム・ミヌ
FW
11 豊田陽平

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る