2014.03.07

【J1第2節展望&予想スタメン】徳島vsC大阪 徳島は前売り完売、C大阪フォルランはベンチスタートか

フォルランの出場に注目が集まる [写真]=Getty Images

■徳島 前節5失点の守備を改善できるか

 今週は体調不良で練習から離れていた主力選手が練習に復帰し、別メニューの選手もコンディションを整えてきている。限られた選手の中からスタメンを選び、対策を練らなければいけなかった状況が大きく改善された。前節は攻撃チャンスこそ少なかったものの、前半はドウグラスが相手のパスをインターセプトする持ち味をみせ、ビッグチャンスを作った。後半ではアレックスが1列上がり、途中出場でクレイトン・ドミンゲスが前線に入ることでボールが収まり始め攻撃機会を作ることもできた。日本で実践経験が少ないクレイトン・ドミンゲスが公式試合で持ち味を見せた点では収穫だった。

 更に今節のホーム開幕戦は前売り券が完売し、久々に1万人以上の来場者が見込まれている。昨季はスタジアムの工事があり、1万人を超える試合が開催できなかっただけに選手のモチベーションは高く、後押しとなることは間違いない。

 しかし、前節は初のJ1の舞台で5失点を奪われるという手痛い洗礼を受けた。守備ではクロスの対応で1対1の強さは見せたものの、組織的な守りがうまく機能せず前後半の終了間際・開始直後という時間帯での失点という大きな課題を残した。攻撃面でも中盤で上手く時間を作ることができず、シュート数は3と不発に終わった。今節対戦するC大阪は、攻撃面では縦の速さとコンビネーションの上手さに加え、守備面でも昨季リーグ3位の失点の少なさを誇る相手だけに、攻守においての改善が急務だ。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
4-4-2
GK
1 松井謙弥
DF
23 小暮大器
5 千代反田充
26 橋内優也
3 アレックス
MF
20 大崎淳矢
16 斉藤大介
14 濱田武
17 衛藤裕
FW
11 津田知宏
9 ドウグラス

■C大阪 フォルランはベンチスタートか

 開幕戦では広島の前に0-1と惜敗したC大阪。フォルラン、柿谷曜一朗と並んだ豪華な前線をはじめ、攻撃陣は王者の守備をかいくぐれず、無得点に終わり、ホームの大サポーターの声援に応えることはできなかった。

 仕切り直して、今季初勝利を目指す中、第2節では昇格したばかりの徳島とのアウェイ戦に臨む。ただし、今週は柿谷、酒本憲幸など、チーム内に体調を崩す選手が続出し、DFの要である藤本康太も負傷で約1カ月の戦線離脱を余儀なくされた。また、日本代表で活躍を見せた山口蛍は、試合翌日の6日に戻ってきたものの、敵地での代表戦に招集されたフォルラン(ウルグアイ)、キム・ジンヒョン(韓国)は、それぞれ試合前日の7日にチームに合流できる予定。そういった事情も重なり、主力がどこまで先発メンバーに名を連ねられるかは気になるところだ。それでも、徳島といえば、エース・柿谷が成長を遂げた古巣でもあり、思い入れも大変強い。2014年リーグ戦初ゴールを、勝手知ったる鳴門大塚の地で決めたいところだ。

 また、新加入DFゴイコ・カチャルは、開幕戦でも途中出場ながら献身的なプレーでチームに貢献。今節は初先発が予想されるが、元セルビア代表の本領発揮にも期待せずにはいられない。C大阪としても、鳴門大塚では最近3試合勝っていないとはいえ、徳島には過去6勝3分1敗と相性もいいだけに、ここでしっかり勝利を収めて、弾みを付けたいものだ。
(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-2-3-1
GK
21キム・ジンヒョン
DF
7 新井場徹
30 ゴイコ・カチャル
23 山下達也
14 丸橋祐介
MF
6 山口蛍
2 扇原貴宏
5 長谷川アーリアジャスール
20 杉本健勇
13 南野拓実
FW
8 柿谷曜一朗

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る