2014.03.07

【J1第2節展望&予想スタメン】大宮vs名古屋 片岡のボランチ起用、名古屋は突出した個の力

最前線でチームを牽引する玉田 [写真]=Getty Images

■大宮 片岡の堅守で名古屋を止める

 開幕戦を0-2で落とした大宮。次の対戦相手は開幕戦ホームで逆転負けを喫した名古屋だ。昨年から大幅に選手が入れ替わったが、名将西野朗監督を迎えた名古屋、簡単に勝てる相手ではない。大宮はキャンプからここまでけが人もなくベストメンバーで第2節を迎える。

 前節を振り返りDF福田俊介は「まだまだチームは完成していない。しかし、やれた部分もあったしチャンスも作れたと思う」とコメント。新監督を迎えプレーシーズンマッチは雪の為に中止となり迎えた開幕戦。昨シーズンからガラリと戦術が変わった中、まだまだチームに浸透していないのも事実だ。また下平匠、青木拓矢の抜けた穴は想像以上に大きかった。今季から金澤慎とダブルボランチを組む片岡洋介、彼の真骨頂は何と言ってもフィジカルを武器にしたディフェンスとリスクのない対応だ。近年CBで出場の多い片岡が1つ前のポジションを取ることで守備は間違いなく安定するだろう。しかし、チャレンジをしなければいけない場面で、リスクを恐れてサイドやバックパスに逃げてしまうことを懸念しなくてはいけない。まだまだ慣れに時間がかかるだろう。

 そんな中、新人・泉澤仁がJリーグデビューを果たした。唯一ルーキーでベンチ入りし、リーグ戦に出場したことは監督の期待の表れでもある。「もっとできるはず」(泉澤)と緊張からミスもあったが、チームにとってプラス材料であることは間違いない。
(上野直彦)

■大宮予想スタメン
4-2-3-1
GK
31 清水慶記
DF
27 今井智基
2 菊地光将
17 高橋祥平
26 村上和弘
MF
34 片岡洋介
23 金澤慎
10 渡邉大剛
41 家長昭博
9 チョ・ヨンチョル
FW
20 ラドンチッチ

■名古屋 “個”の力で大宮を凌げるか

 開幕戦は清水と対戦。一時はリードしたものの、再逆転を許し、黒星発進となってしまった。

 しかし、悲観すべき内容ではない。試合後の選手たちが手応えを掴んでいたのは、特に攻撃面。開幕戦を迎えるまでは不安でいっぱいだったそれが、清水戦では相手以上の決定機を作ることに成功。連動性を求められる中、選手たちの攻撃イメージは少しずつではあるが、合ってきている。スタイルが浸透していないのは事実だが、それでも“何とかできてしまう”のが楢﨑正剛、田中マルクス闘莉王やケネディ、あるいは玉田圭司といった“個”を持つ選手たち。彼らの活躍とリーダーシップは頼もしい限りだ。

 一方で、守備面は改善が必要だろう。開幕戦ではセットプレーから失点を喫するなど、3失点。ミス絡みのものもあったが、「3点は取られすぎ」という声が多く聞こえた。そこで西野朗監督も「相手は変化を付けてくる。1つの対応策では間に合わないところもある」と、セットプレー時の守備をゾーンからマンツーマンにシフト。堅守・大宮が相手なだけに、セットプレーやミス絡みの失点は、是が非でも避けたいところだ。
(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-4-2
GK
1 楢崎正剛
DF
14 田鍋陵太
2 大武峻
4 田中マルクス闘莉王
15 本多勇喜
MF
38 枝村匠馬
8 ダニルソン
13 磯村亮太
10 小川佳純
FW
16 ケネディ
11 玉田圭司

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る