2014.03.07

【J1第2節展望&予想スタメン】清水vs横浜FM 苦手な横浜FM撃破なるか、藤本2試合連続ゴールに期待

前節ゴールを挙げた藤本 [写真]=Getty Images

■清水 相性の悪い横浜FMに白星なるか

 7年ぶりに開幕戦を勝利で飾り、意気揚々とホームに凱旋することになった清水。今節は昨年、同じくホーム開幕戦で対戦し、0-5で大敗した横浜FMを相手に迎えることになる。横浜FMにはリーグでここ7試合勝てていないが、開幕戦の勝利が選手たちに自信を与えている。この時期に対戦するということで「思い切ってやれば、面白くなる相手だと思う」(高木俊幸)と、まさに“相手にとって不足無し”と言った状態だ。また、開幕戦で先制点を奪った高木俊は、今季に入り開幕まで前戦4人の中で唯一得点がなく、これでようやく全員が揃ったことになる。

 試合展開を見ても、昨季終盤に見せた「打ち合いを制する」という、“攻撃的清水”を継続したままの印象がある。しかし、裏を返せば失点を抑えられないという現状でもある。アフシン・ゴトビ監督は「開幕戦の緊張があった」と庇うが、DF陣を変えてくる可能性もある。オフ明けの火曜日はヤコヴィッチがCBに入り、カルフィン・ヨン・ア・ピンを左SBに。実戦でヤコヴィッチと平岡康裕がCBのコンビを組んだのは、これまで練習試合を含め50分ほどしかない。そこで、少しでも長い間練習したいところだったが、水曜日の練習が雨天により室内練習になってしまった。

 ゴトビ監督は「問題ない」と語るが、この1日は影響を与えるかもしれない。昨年まで清水に在籍し、勝手知ったる伊藤翔が相手に回ったことにより、少しでも綻びを見せないようにしなければいけない。
(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 櫛引政敏
DF
28 吉田豊
3 平岡康裕
19 ヤコヴィッチ
4 カルフィン・ヨン・ア・ピン
MF
5 村松大輔
6 杉山浩太
10 大前元紀
18 ノヴァコヴィッチ
11 高木俊幸
FW
9 長沢駿

■横浜FM 新加入組が前節に続き躍動するか

 今季公式戦3試合目となったリーグ開幕戦で初勝利を挙げた横浜FM。昨季2位の名門がようやくお目覚めだ。

 移籍組の活躍で白星を飾った意味が何よりも大きい。名古屋から加入の藤本淳吾が先制点を鮮やかに奪えば、終了間際には清水から加わった伊藤翔が約25メートルの豪快なシュートを突き刺した。昨季49得点に終わり、得点力アップが命題のチームにとって模範解答のような2発となり、上昇気流に乗りそうだ。

 さらに、開幕戦では前線からのプレスといった持ち味の「攻守の切り替えの速さ」を発揮。昨季の躍進を支えた堅守がよみがえり、「これがうちのベース」とDF中澤佑二。今季もしぶとく勝ち点3積み上げる状態が整った。

 清水戦は2010年8月以来、リーグ7戦無敗を誇る。昨季も同じ敵地での第2節で5-0と完勝。2006年以来、アウェーでは負けておらず、データも横浜FM有利を後押しする。

 不安はほとんど見当たらない。強いて言えば2010年から4季連続で得点する兵藤慎剛がベンチにいることか。また、5日の日本代表戦に出場した齋藤学のコンディションが心配される。本人は「リーグ戦、ACLで早く得点したい」と意欲をのぞかせるが、万全の状態ではないだろう。
 
 清水戦から再び連戦が始まる。幸先良いスタートを切るために、栗原勇蔵は「勝ってしっかり次につなげる。大事な試合」と連勝を誓っていた。
(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 榎本哲也
DF
13 小林祐三
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
23 下平匠
MF
8 中町公祐
27 富澤清太郎
25 藤本淳吾
10 中村俊輔
11 齋藤学
FW
16 伊藤翔

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る