2014.03.07

【J1第2節展望&予想スタメン】FC東京vs甲府 ゴールを狙うエドゥー、城福監督は古巣相手

ホームでの得点に意気込むエドゥー [写真]=Getty Images

■FC東京 エドゥー、ホーム初ゴールなるか

 スタメン11人は開幕戦から不動だ。攻撃のキーマンとなるブラジル人FWエドゥーが上り調子で、「ホームで初ゴールを決めたい」と意欲メラメラ。課題だったFW渡邉千真、MF武藤嘉紀との連携も改善されつつあり、甲府を相手に3トップの破壊力が試されそうだ。

 チームの今季初得点を決めた2年目の三田啓貴は「ゲームを作りながら前に出て行けるポジションなのでやりやすい。次もゴールを決めたい」と自信を深め、中軸の高橋秀人は「どんな試合も死に物狂いでやる」と格下相手にも油断はない。

 柏戦ではセットプレーから再三チャンスを築き上げた。キッカーの東慶悟は「うまくいっているが、状況によってはさらにパターンを変えていく」と、新たなバリエーションを披露したい考え。右肩脱臼の重傷から回復した米本拓司のベンチ入りも、チームの追い風になるのは間違いない。

 一方で、守備を固めた相手を崩せるかどうかは未知数。調整途上とはいえ、開幕前のトレーニングマッチでは大学選抜やJ2を相手に大苦戦しただけに、マッシモ・フィッカデンティ監督は「忍耐と攻撃の精度が必要になってくる」と指摘。柏戦で数多くのチャンスを許した守備陣が、FWクリスティアーノ、FWジウシーニョら甲府のアタッカー陣をきっちりシャットアウトすることが、勝ち点3獲得の必要条件になりそうだ。
(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-3-3
GK
20 権田修一
DF
2 徳永悠平
5 加賀健一
3 森重真人
6 太田宏介
MF
38 東慶悟
4 高橋秀人
8 三田啓貴
FW
9 渡邉千真
11 エドゥー
14 武藤嘉紀

■甲府 城福監督、古巣攻略へ

 短期的な時間軸で見れば、甲府は明らかにマイナス材料のほうが多い。チームは5日、積雪により戦術メニュー、紅白戦ができなかった。試合を翌々日に控えた6日は、県外の施設に片道1時間半の移動をしたのちに練習を行っている。開幕・鹿島戦ではセットプレーから4失点を喫する展開で0-4と大敗しており、セットプレーの守備、攻撃力不足という欠点を露呈した。修正は急務だが、再びの雪害により次戦へ向けた準備に支障が出ている。戦術、コンディションの両面で影響が出るだろう。加えて相手はリーグ戦の対戦成績が、過去12戦で1勝1分10敗と大きく分が悪いFC東京。となれば今節は、甲府にとって間違いなく難局だ。

 とはいえ、開幕戦で危機感と反省を得たチームが、それを材料に上積みできる部分はあるだろう。鹿島戦は両ウイングバックの攻め上がりなど、攻撃に人数をかける新しいスタイルが垣間見えた。左ウイングバック阿部翔平は持ち味のキックだけでなく、走りの迫力も見せていた。新加入のFWクリスティアーノはボールの収まりが良く、個の打開力も持っている。彼が周りを生かし、自らも生かされる連携が生まれれば、得点数が昨季J1最低という攻撃力の改善も進むはずだ。城福浩監督も古巣・FC東京に対して意地と執念を隠さない。おめおめと無策で引き下がることはないだろう。
(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-3
GK
22 岡大生
DF
26 青山直晃
4 山本英臣
6 佐々木翔
MF
2 福田健介
8 新井涼平
5 マルキーニョス・パラナ
27 阿部翔平
FW
18 下田北斗
10 クリスティアーノ
11 ジウシーニョ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る