FOLLOW US

川崎Fの大久保が、ドイツ時代、長谷部お手製のカレーライスに救われたと告白

長谷部と大久保はヴォルフスブルク時代ともにプレーしていた [写真]=Getty Images

 7日発売の自伝『情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生』の中で、川崎フロンターレのFW大久保嘉人が、ドイツのヴォルフスブルクに在籍した2008-2009シーズン、チームメートの長谷部誠の優しさに助けられた思い出を告白している。

 自伝によると、ヴォルフスブルクには日本人学校はなく、大久保は自身のお子さんを現地の幼稚園に通わせていた。しかし、言葉が通じないため、愛息は「お腹が痛い」といって幼稚園に行きたがらなくなったという。これを心配した長谷部は、幼稚園まで様子を見に行ってくれたそうだ。

 さらに、「可哀想だよ。マジで大丈夫かな」と、「まるで自分の子供のように」悩んでくれた長谷部は、自宅でカレーライスを作ってふるまってくれたとのこと。そのカレーライスをほおばる息子さんの姿を見て、「みんなが幸せな気分になった」のだという。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA