FOLLOW US

昨季得点王の大久保嘉人「今季は26ゴール以上に挑みたい」

 J1第1節が2日に行われ、川崎フロンターレヴィッセル神戸が対戦。2-2で引き分けた。

 フル出場した川崎のFW大久保嘉人は試合後、以下のようにドローを振り返った。

「ACLの貴州人和戦でもそうですけど、攻撃に入ったときの厚みがないし、攻撃のよさが50パーセントくらいしか出せていないし、窮屈です。ペナルティエリアの外で崩して終わってしまっているので、ゴール前にもっと出してくれればいけるのでもっとボールが欲しいですね。またボランチは攻撃の起点になるので、もっと距離を前に、守るチームじゃないので、前を見て効率よく前の選手に預けてくれれば厚みを持てるので、前に出てきて欲しいです」

―試合終了間際に追い付かれて引き分けとなりましたが、ACLの影響はありますか?
「むしろ相手チームより1試合多くしているので、プラスですし疲れていた訳ではないです。むしろ攻撃面が問題です」

―昨シーズンは得点王として26ゴールを決めましたが、今シーズンの目標は?
「26ゴールは自分が取った数ですし、それに挑めるのは自分がしかいないので、そこに挑みたいです。26ゴール以上ですね」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA