2014.02.06

Jリーグのスタジアム観戦者、SNSでの情報入手が年々増加

 Jリーグは6日、スタジアム観戦者調査 2013報告会を行った。

 同報告会では、2013シーズンにおけるスタジアム観戦者の平均年齢や観戦動機の他に、情報入手経路も発表。クラブ公式HPが65.4パーセント(複数回答可)でトップだったが、ツイッターやフェイスブックといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)系が33.8パーセントで4位に入った。

 SNS系での情報入手は、2011年は12.5パーセントで10番目だったが、2012年に24.8パーセントで7番目。2013年はクラブ公式HPとテレビ、新聞(一般紙)に次ぐ4番目と、年々利用者を増やしている。

 また、同報告会ではSNSの利用率も発表され、J1では浦和レッズの観戦者が47.9パーセントで1位。J2では、ガンバ大阪の51.1パーセントがトップだった。なお、年齢別の利用率では、19~22歳の51.8パーセントが1位、続いて23~29歳の41.9パーセント、30~39歳の37.8パーセント、18歳以下の33.9パーセントとなっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る