FOLLOW US

ヒュンメルがV・ファーレン長崎の新ユニフォームを発表…J1昇格へ向けた新たな航海へ

新ユニフォームを発表したV・ファーレン長崎  [写真]=V・ファーレン長崎

 スポーツブランド「hummel(ヒュンメル)」は、2014シーズンよりオフィシャルユニフォームサプライヤーを務めるV・ファーレン長崎(J2所属)の新ユニフォームを発表した。

 新ユニフォームは、V・ファーレン長崎のチームカラーであるブルーとオレンジをストライプ柄でアシンメトリーにデザイン。80年代のデンマークのデザインをベースに、レトロでありながら、新しいチームの息吹を感じさせるものになった。また、ダイナミックなチームを感じさせる鮮やかな配色にしながらも、袖口はカフス仕様、衿元はフライス仕様にすることで、すっきりとしたミニマムなデザインとなっている。

 アウェイユニフォームは、坂本龍馬が結成した亀山社中(後に海援隊)の「二曳(にびき)」と呼ばれた白と赤の旗をモチーフとしたニューカラーに。「アジアや世界に開けた視点が育まれた長崎をホームタウンにするチームとして、長崎らしさ、世界への視点を表現したい」という高木琢也監督のリクエストをユニフォームデザインに落とし込んだという。

 また、今シーズンはシルエットの見直しを図り、スリムフィットにすることで昨シーズンのユニフォームから約10%の軽量化を実現。身体に沿ったシルエットにすることで、運動時のばたつきを解消し、着用感もアップさせた。伸縮性に優れた素材を採用したため、体への締め付け感や窮屈感もないという。

 昨シーズンは惜しくもプレーオフでJ1昇格を逃したV・ファーレン長崎。新ユニフォームをまとい、J1昇格へ向けた新たな航海が幕を開ける。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA