2014.02.01

J2昇格の讃岐、GK家木とDF神崎、FW石田の現役引退を発表

 2014年からJ2に参入するカマタマーレ讃岐は1日、GK家木大輔とDF神崎亮佑、FW石田英之の3選手が2013シーズン限りで現役引退することを発表した。

 引退の際、27歳の家木は「このたび、家木大輔は2013シーズンをもって現役を引退することを決断しました。これまで本当に多くの方に支えられ、サッカー選手として生きてこられたことを幸せに思います。サッカーを通じて出会った全ての方々に心から感謝しています。本当にありがとうございました。また、今後はチームに残りフロントスタッフとしてチームを支えていきたいと思います。選手経験を活かして選手がプレーに集中できるよう最高のサポートをしていきますので、これからもカマタマーレ讃岐と共に闘って下さい。今後ともカマタマーレ讃岐をどうぞよろしくお願い致します」とコメントした。

 31歳の神崎も、「今シーズンで引退することを決めました。カマタマーレに来て5年、JFL・J2と2度の昇格を経験出来て本当に良かったです。高校を卒業してから川崎フロンターレ、バンディオンセ神戸・加古川、カマタマーレ讃岐でサッカーをさせて頂きチーム関係者、サポーターの皆様には本当に感謝しています。ありがとうございました。またカマタマスクール生のみんなにはコーチという立場ながら自分自身が一緒に楽しみパワーをもらいました! これからもサッカーを思いっきり楽しんで下さい。これからもサッカーの楽しさを沢山の子供に伝えられたらなと思います。今まであたたかい応援ありがとうございました」とメッセージを送った。

 また、31歳の石田は、「このたび、現役を引退することを決意しました。サッカーを通じてたくさんの人と出会い、その出会いや支えが自分を成長させ、サッカー選手としてここまでプレーすることができました。みなさんの応援にはいつも勇気とパワーをもらい、最後まで全力で走り抜くことができました。本当に夢の中にいるように幸せなサッカー人生でした。自分に関わってくれた方々、応援してくれた全ての人に感謝します。魂で走った漢、石田英之をどうか忘れないでください。光栄なことにクラブに話をいただき、指導者をさせていただくことになりました。大学、社会人、JFL、Jリーグと各カテゴリーでプレーした経験を指導に活かし、選手と共に成長していけるようがんばっていきます。みなさん本当に本当にありがとうございました。愛してるぜサッカー!! 愛してるぜみんな!!! 炎のストライカー 石田英之」と挨拶している。

 なお、2013シーズンは日本サッカーリーグで家木が1試合出場、神崎は5試合出場、石田は24試合で1得点を記録していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る