FOLLOW US

甲府、“インドネシアのスター”イルファンの加入内定を発表

 ヴァンフォーレ甲府は27日、インドネシア代表MFイルファン・バフディムの加入が内定したと発表した。来日後に実施するメディカルチェック終了後に正式契約となる。登録名はイルファンとなり、背番号は「13」を着用する。2月3日から15日にかけて宮崎で行われるチームの2次キャンプから合流予定。

 イルファンは2013年12月に、甲府が山梨県とともに推進しているアジアプロジェクトに、アジア戦略を進めるJリーグが協力する形で、インドネシア代表経験のある3選手を招待した練習に参加していた。

 現在25歳のイルファンは、オランダ生まれのインドネシア人。アヤックスの下部組織などを経て、2008年にユトレヒトでエールディビジ初出場を果たす。その後、オランダのクラブでプレーし、2010年夏にインドネシアのクラブへ移籍。2013年からはタイでプレーしていた。ツイッターのフォロワー数は約430万人おり、インドネシアのスター選手の1人である。

 イルファンは加入内定に際し、クラブ公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「まず日本に行けることを非常に嬉しく思っています。去年、練習に参加した時も、甲府のサポーターとクラブの素晴らしさ、温かさに心を打たれました。やっと日本に行けることになりましたので、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。Jリーグは非常にレベルが高く、自分自身にとっても挑戦になりますが、1日でも早くチームに貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA