FOLLOW US

新潟DF増田繁人が大分へ期限付き移籍…2013年は群馬所属

 アルビレックス新潟からザスパクサツ群馬へ期限付き移籍で加入していたDF増田繁人が、移籍期間を満了し、2014シーズンは大分トリニータへ期限付き移籍することが決まった。15日に各クラブが発表した。移籍期間は、2014年2月1日から2015年1月31日まで。

 増田は1992年生まれの21歳。2011年に流通経済大学付属柏高から新潟へ加入した。群馬へ期限付き移籍で加入した2013シーズンは、リーグ戦11試合出場1得点と天皇杯1試合出場を記録した。

 移籍期間満了にあたり、増田は群馬に対して、「この度、大分トリニータに期限付き移籍することになりました。去年1年なかなか結果が出ず、残留争いをしてしまったこと。個人としても、長期離脱をしてしまい力になれなかったこと。正直悔しい思いでいっぱいです。しかし、そんな中でもサポーターのみなさんは練習場やスタンドから励ましてくれました。本当に感謝しています。悔しい中でも成長した部分は多くあります。その姿を、チームは違いますがピッチで見せられるよう頑張ります。1年間ありがとうございました」と、コメント。所属元の新潟に対しては、「このたび、大分トリニータに期限付き移籍することになりました。去年個人的に悔しい1年でしたが、ケガを含め色々な経験ができ、決して成長できなかったわけではありませんでした。今年は悔しい思いをぶつけて、よりたくましくなれるようにがんばります」と、コメントした。

 加入する大分に対しては、「大分のみなさんこんにちは。増田繁人です!この度、アルビレックス新潟から加入することになりました。まずはチームの力になれるように、そして、J1復帰を目指して頑張ります。よろしくお願いします!」と、抱負を語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO