FOLLOW US

徳島が2選手を期限付き移籍で獲得…山形MF廣瀬とC大阪MF小暮

 モンテディオ山形所属のMF廣瀬智靖セレッソ大阪所属のMF小暮大器が、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍することが決まった。10日に各クラブが発表した。移籍期間は両選手とも、2014年2月1日から2015年1月31日まで。

 廣瀬は1989年生まれの24歳。前橋育英高出身で、2008年に山形に加入した。2013シーズンはリーグ戦20試合1得点を記録した。

 移籍にあたり、廣瀬は山形に対して、「この度モンテディオ山形から期限付きで徳島ヴォルティスへ移籍することになりました。プロ生活をスタートさせて6年間、本当に山形のみなさんにはたくさんの事を、学ばさせてもらい、感謝の気持ちでいっぱいです。このたくさんの経験を生かして、より一層サッカー選手としても人間としても成長できると信じて頑張って行きたいと思います。行ってきます」と、コメント。

 加入する徳島に対しては、「徳島のみなさん初めまして、モンテディオ山形からきた廣瀬智靖です。徳島の力になれるように熱い気持ちを持って全力でプレーしたいと思っています。シーズンが終わったときにいい成果があげられるように頑張ります。これからどうぞよろしくお願いします」と、抱負を語った。

 小暮は1994年生まれの19歳。C大阪の下部組織出身で、2013年にトップチームに昇格した。2013シーズンはリーグ戦3試合と天皇杯2試合に出場した。

 移籍にあたり、小暮はC大阪に対して、「今季から徳島ヴォルティスに1年間期限付き移籍することになりました。セレッソでの1年ではいろいろな経験をさせていただき、本当に感謝しています。この経験を生かして、徳島ヴォルティスでは頑張って成長したいと思います。サポーターの皆さんにはこの1年応援いただき本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします」と、コメント。

 加入する徳島に対しては、「今シーズン、徳島ヴォルティスの一員としてプレーする小暮大器です。日々の練習からアピールして、たくさん試合に関われるように頑張りたいです。サイドバックとして運動量やクロスを見て欲しいと思います。徳島のために全力でプレーするので、応援よろしくお願いします」と、抱負を語った。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA