FOLLOW US

清水MF八反田康平、仙台へ期限付き移籍「一体感があるチーム」

仙台への期限付き移籍が決まった清水MF八反田康平(左) [写真]=Getty Images

 清水エスパルス所属のMF八反田康平が、ベガルタ仙台へ期限付き移籍することが決まった。8日に両クラブが発表した。移籍期間は2014年2月1日から2015年1月31日まで。

 八反田は1990年生まれの24歳。筑波大出身で、2012年に清水に加入した。2013シーズンはリーグ戦6試合出場1得点、ヤマザキナビスコカップ4試合出場1得点、天皇杯3試合出場を記録した。

 移籍にあたり、八反田は清水に対して、「清水エスパルスでの2年間、本当にありがとうございました。自分の実力不足でチームに貢献することができませんでした。それでも、ファン・サポーターにいつも温かい声援や自分のコールをしてもらえるのがなにより嬉しかったのと共にその期待に応えられなかったのがすごく悔しいです。仙台ではチームの勝利に貢献するのはもちろん、自分自身もレベルアップできるように頑張りたいと思います」と、コメント。

 加入する仙台に対しては、「初めまして清水エスパルスから期限付き移籍で加入することになりました、八反田康平です。仙台は、すごく一体感があるチームという印象が強く魅力的なチームだと思います。そんなチームに加入できることに感謝し、また自分に期待して勝利に貢献できるよう頑張ります!みなさん応援よろしくお願いします」と、抱負を語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO