FOLLOW US

名古屋と契約満了のDF阿部翔平、甲府への完全移籍が決定

名古屋DF阿部翔平が甲府へ完全移籍 [写真]=Getty Images

 名古屋グランパス所属のDF阿部翔平が、ヴァンフォーレ甲府へ完全移籍することが決まった。7日に両クラブが発表した。

 阿部は、1983年生まれの30歳。2006年に筑波大から名古屋へ加入した。2013シーズンはリーグ戦32試合、ヤマザキナビスコカップ5試合、天皇杯1試合出場を記録した。11月22日に名古屋との契約満了が発表されていた。

 移籍にあたり、阿部は名古屋に対して、「8年間お世話になりました。名古屋の皆様に育ててもらったこと、とても感謝しています。これからまた新しいチャレンジになりますが、心のどこかで、名古屋にいた阿部翔平を覚えていてもらえたら嬉しいです。本当にありがとうございました」と、コメント。

 加入する甲府に対しては、「この度、ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました。阿部翔平です。甲府というチームは、チャレンジし甲斐のあるチームだと思いますし、自分自身もそういう場所を求めていたので選ばさせていただきました。何かひとつでもこのチームの力になれればと思います。また、山梨の地はサッカーに熱心だということも聞いているので、その点でも楽しみです。応援よろしくお願い致します」と、抱負を語った。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA