FOLLOW US

先制点で優勝に貢献の齋藤学「自分はもっとやれる、やらないといけない」

 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が1日に行われ、横浜F・マリノスサンフレッチェ広島が対戦。前半に挙げた齋藤学と中澤佑二の得点で、横浜FMが2-0で勝利し、前身の日産自動車時代を含め、21年ぶり7度目の大会制覇となった。

 試合後、フル出場した横浜FMの中町公祐は、以下のようにコメントしている。

「先制されるのはすごい嫌だったし、こういうトーナメントで先制点を取れたのは大きかった。(端戸)仁が入って何本かいい攻撃ができていたので、その流れというか、少しこぼれ球みたいになりましたけど、いいシュートを打てたと思う」

―ゴールは得意の形?
「得意かどうかと言われると、そういうわけじゃないですけど、こういう点は今シーズンはあまりなかったので良かったです。広島が疲れていたのかは分かりませんが、リーグ戦のホームでやった時のようにガツガツくるというよりは少しやらせてくれているような感じだったので、そういうのも見ながらやりました」

「仁とのコンビネーションで何本か良いシーンが作れそうなところもあったし、右サイドで数的優位も作れていたので、そこでもっと何かできればと思っていたところでああいう点が生まれました」

―リードを広げてからは精神的にも余裕ができたか?
「いや、2-0は危ないというのはみんな分かっていたと思うし、2-1になるのが一番危険だというのはみんな分かっていたと思います。カンペーさん(富澤清太郎)もハーフタイムの時に『0-0の気持ちで』と言っていたし、締まった気持ちで戦えたことが大事だったのかなと」

―優勝してロイヤルボックスへの階段を登っていた時の気持ちは?
「うれしかったですけど、リーグ戦の悔しさもあるので。これで満足せずにもっとやっていかないといけないと思いますが、あそこに上がれるのはそうないことなので気持ち良かったです」

―自身初タイトルについては?
「僕はまだ5年目ですし、(栗原)勇蔵君とかもっと長く戦ってきた選手がいて。長かったですけど、自分がうれしいというよりもF・マリノスの優勝を会社の人や育成の選手たちに見せられたことが、今後大きくなっていくと思います。僕もそういうのを見てジュニアユース、ユースで成長してきたので。優勝を育成組織の選手たちに見せられたということが僕としてはうれしい」

―厳しい中で戦ってきたことが最後に報われた?
「リーグ戦の最後は個人どうこうではなく、すごく難しかった。今日もたいしたプレーはしていないし、1点を取れたことはすごくうれしかったですけど、その他のプレーはあまり良くなかったです。交代もしましたし、自分はもっとやれる、もっとやらないといけないと思えた試合でした。ただ、決勝で点が取れたことは自分にとって大きな自信になるし、これからの糧にしないといけないと思います」

―今シーズンを振り返ると、代表などもあったが最後にタイトルを取れて良い1年だったのでは?
「シーズン初めからけがが多くて、けがを持ちながら出場したり、途中から入ったりという経験ができたことはすごく大きかったですが、やはりけがをしてしまうということは強い身体ではないということなので、自分としてはけがをしない身体を作っていかないといけないと感じたシーズンでした」

「代表に行って、すごく良い経験はできても、結局けがで行けなくなったのはすごい悔しい経験でした。もちろん代表入りはうれしいですけど、けがで辞退、けがでF・マリノスの試合に出られないというのが続いたので。その中で天皇杯では最後まで監督が使ってくれて、タイトルがやっと取れました。ここ数年は惜しいところで終わっていたし、リーグでは一番近くにいて逃してしまったので、取れたのはすごくうれしかった」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO