FOLLOW US

リーグ戦の雪辱果たした横浜FM中町「広島に力を見せたかった」

 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が1日に行われ、横浜F・マリノスサンフレッチェ広島が対戦。前半に挙げた齋藤学と中澤佑二の得点で、横浜FMが2-0で勝利し、前身の日産自動車時代を含め、21年ぶり7度目の大会制覇となった。

 試合後、フル出場した横浜FMの中町公祐は、以下のようにコメントしている。

「いろんな意味合いのある試合だった。リーグ戦もああいう形で広島が優勝して、天皇杯でも相手として広島が勝ち上がってきた。トーナメントとはいえリーグ戦の1位と2位の対決で、最後までリーグ戦で首位にいたうちとしては、広島に力を見せたかったので勝てて良かった」

「2点取れたのは出来過ぎなところもあるけど、自分たちのストロングを出して広島の良さを出させなかった。もちろんリーグ戦で優勝できなかった反動もあったし、この決勝の前のメンタルと比べると、リーグ戦の残り2試合はストレスが掛かっていたと思う。今日はリラックスして決勝に臨めた。相手の2シャドーが脅威なのでどっちが制圧するかで(富澤清太郎と)2人でうまくやった」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO