FOLLOW US

浦和への移籍噂の広島守護神・西川、去就は「うまく答えられない」

天皇杯・決勝に先発出場した西川周作 [写真]=Getty Images

 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が1日に行われ、横浜F・マリノスサンフレッチェ広島が対戦。前半に挙げた齋藤学と中澤佑二の得点で、横浜FMが2-0で勝利し、前身の日産自動車時代を含め、21年ぶり7度目の大会制覇となった。

 リーグ王者として天皇杯決勝に臨んだ広島だが、横浜FMの堅守に阻まれて2冠達成はならなかった。

 浦和レッズへの移籍が報じられている守護神・西川周作が試合後、ミックスゾーンで記者の質問に答えた。

「最後にタイトルを取りたかった。悔しい終わり方ですけど、初めて元日に満員の国立でプレーできた。悔しい思いをすることでチームの力にもなると思う。今シーズンはどんな状況でも落ち着いてプレーすることができるようになった。チームとしても我慢強く戦えるようになったし、しっかり成長していると思う。自分もこの悔しさをこれからのサッカー人生のプラスにしたいし、悔しい気持ちがまた成長させてくれるはず。(今日の試合は)負けはしたけれど、精いっぱいやった結果だし、ポジティブに捉えたい。日本代表にはJリーグで活躍し続けることがザックさんへのアピールになると思うし、Jリーグでしっかり結果を求めてやっていきたい」

 帰り際、今シーズンで限りで広島との契約が満了を迎えることについて聞かれると、「その質問は来るかと思っていました」と苦笑いしながらも、「うまく答えられないですね。とりあえず一休みしたいです」と自らの去就について多くを口にすることはなかった。

 だが、言葉の端々に気を使ったコメントからは、西川自身が両クラブに配慮している様子が見受けられた。果たして日本代表の正守護神候補でもある西川は、いかなる決断を下すのだろうか。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO