FOLLOW US

自身初タイトルに横浜FM育成出身の齋藤学「獲ることを意識して臨んだ」

先制点を決め、喜ぶ齋藤学(中央) [写真]=浦正弘

 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が1日に行われ、横浜F・マリノスサンフレッチェ広島が対戦。前半に挙げた齋藤学と中澤佑二の得点で、横浜FMが2-0で勝利し、前身の日産自動車時代を含め、21年ぶり7度目の大会制覇となった。

 試合後、先制点を挙げた横浜FMの齋藤は、以下のようにコメントしている。

―先制点については?
「今日の試合、僕自身はあまり調子が良くなかったので、あの1点はすごく大きかったなとは思いますけど、チームメートに助けられたと思います」

―今季の思いを込めて、振り抜いたようにも見えたが?
「リーグの終わりは、すごい苦しいものがあったし、切り替えるのもなかなか難しかったですけど、こうやってこのチームで喜べたというのは、僕にとってすごく嬉しいです」

―そこからどんな思いで臨んだ?
「切り替えるしかないので。あと、僕がトップチームに上がってから、まだ一度もタイトルを獲得したことがなくて、育成の選手や会社の人たちにも、なかなか強いマリノスを見せられたことがなかったので、その中でタイトルを獲るということを意識して臨みましたし、こうやって獲れたというのはすごい嬉しいです」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO