FOLLOW US

天皇杯制覇の横浜FM、35歳中澤「走り続けられる限り、走り続けたい」

広島FW佐藤寿人(左)と競り合う横浜FM中澤佑二(右) [写真]=浦正弘

 第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝が1日に行われ、横浜F・マリノスサンフレッチェ広島が対戦。前半に挙げた齋藤学と中澤佑二の得点で、横浜FMが2-0で勝利し、前身の日産自動車時代を含め、21年ぶり7度目の大会制覇となった。

 試合後、2点目を挙げた横浜FMの中澤は、以下のようにコメントしている。

「勝ちに来ていますし、今年悔しい思いをリーグ戦でしたので、その悔しい思いを何とかこの大会にぶつけて、という感じだったので、とにかく勝てて良かったです」

―リーグ戦からの切り替えは大変だったと思うが?
「切り替えるには時間がかかると思いますし、まだ僕の中でも整理がついていない部分がありますので。やっとこれで休めますので、ゆっくり休んで、リーグ戦のことはその時に考えようかなと思います」

―リーグチャンピオンを完封しての天皇杯制覇だが?
「リーグは広島が上だし、年間を通しての力は広島が一番上だと思いますので。今回は一発勝負だったので、ちょっとこっちに分があったかなという感じだったので。とにかくいい戦いができて良かったです」

―ベテランとしてシーズンも、この試合でもよく走り続けたが?
「おじさんだから走れないというのは、普通の考え方であって、僕らはそれを破るためにやっていますので、とにかく走り続けられる限り、走り続けたいと思います」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO