FOLLOW US

JFAハウス勤務関係者から新型コロナ陽性者が確認

東京都にあるJFAハウス [写真]=Getty Images

 JFA(日本サッカー協会)は8日、同協会が入る東京都のJFAハウスに勤務する関係者から1名の新型コロナウイルス陽性者が確認されたと発表した。

 JFAは、当該者が10月4日に味覚・臭覚の違和感を覚え、翌日に37.2度の微熱があったため、居住地を管轄する保健所の指示に従ってPCR検査を受診し、8日に陽性判定を受けたと経緯を説明。当該者は10月3日以降はJFAハウスに入館しておらず、使用した箇所の消毒を実施したことを発表している。施設関係者から体調不良者などは報告されていないが、濃厚接触者の特定含め、保健所の指示に従っていくことも併せて伝えている。

 また、以下のようにコメントしている。

「当該者の一日も早い回復を祈るとともに、JFAは今後も関係者等の安全確保と健康維持を最優先に、感染拡大防止と注意喚起に取り組む一方、厚生労働省や保健所、関係当局の方針や行動計画に基づいて迅速に対応してまいります」

 JFAハウスは日本サッカーミュージアムやJリーグなども入る建物。幕張にあるJFA夢フィールドの開館に伴い、原則はJFAハウスが事務関係、JFA夢フィールドが現場関係の人間が勤務する形で用途を分けている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA