FOLLOW US

柴山前文科大臣がフットゴルフの体験会に参加「とても楽しく手軽なスポーツ」

 一般社団法人日本フットゴルフ協会が主催した「フットゴルフ無料体験会」が、埼玉県所沢市にある所沢航空記念公園で8月2日に開催され、前文部科学大臣で衆議院議員の柴山昌彦氏が参加した。

 昨年から自民党埼玉県連会長に就任した柴山氏は所沢市在住。梅雨明けの青空のもと、この日は「お膝元」でフットゴルフを初めて体験した。フットゴルフは、元Jリーガーや元なでしこジャパンの丸山桂里奈もプレーするなど、年々参加選手も増え注目度もアップしている。本来であれば今年9月末から栃木県で第4回ワールドカップが開催予定だったが、コロナ禍で2021年9月まで延期が決定。同協会では、それまでの競技普及の一環として同公園で体験会を実施したが、今回は柴山氏の「初蹴り」となった。

 フットゴルフ初体験の柴山氏は「とても楽しく手軽なスポーツであり、多くの人々に魅力を伝えていきたいと思います(本人Facebookより抜粋)」と新スポーツをアピール。一方の同協会の松浦新平会長も「フットゴルフは、激しい動きがなく危険性もありませんし誰でもできるのが特徴です。最近は、NO密なスポーツとして、昨今のコロナ禍の中、ゴルフ場で体験される方も増えてきました。協会では『安全、安心』のスポーツとしてフットゴルフを体育授業に採用いただくことも目標の一つとしているので、柴山前文科大臣に体験いただけたことは、非常に大きい」と語る。

 フットゴルフが盛んな英国ではすでに学校授業としてフットゴルフが取り入れられており、今回の前文科大臣の「競技参入」はその試金石となる可能性もある。

 なお、フットゴルフに関しては、昨年Jクラブ初のフットゴルフクラブを設立したFC岐阜が、9日に岐阜県恵那市のアドニスゴルフクラブで「第1回親子フットゴルフ大会」(締切り済み)を、湘南ベルマーレのベルマーレフットボールアカデミーも、15日に静岡県のレンブラントゴルフ倶楽部御殿場で、小学1年生〜6年生を対象に「手軽に新感覚サッカー!?フットゴルフ!」を開催予定。フットゴルフの波は、確実にサッカー界にも押し寄せている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA