FOLLOW US

前半の2失点を悔やんだチアゴ マルチンス「非常に難しい試合だった」

失点に絡んでしまったものの、試合の入りを悔いた横浜FMのチアゴ マルチンス

 8日、FUJI XEROX SUPER CUP 2020が行われ、2019シーズンのリーグ王者、横浜F・マリノスがPK戦の末に天皇杯覇者のヴィッセル神戸に敗戦した。

 前半に2失点を喫した横浜FM。27分にセルジ サンペールのパスからドウグラスに先制点を決められると、40分には古橋享梧に追加点を許した。

 その2失点目は、GK朴一圭からのパスを受けたチアゴ マルチンスが戻したボールを古橋に奪われたものだったが、「非常に難しい試合だった」と試合を振り返ったチアゴ マルチンス。「昨年の最後のほうはいい入り方ができていたのに、今日はそれができなくて……失点してしまった」と試合の入り方がうまくいかなかったことを指摘した。

「シーズンの最初なので、いいシーズンにするためにも、こういうミスを生かして、このミスから学ぶことが大事」と言葉少なめに引き上げた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA