FOLLOW US

今季初タイトルを制した神戸のフィンク監督…「どっちに転ぶか分からない面白い展開だった」

FUJI XEROX SUPER CUP 2020を戦った神戸のトルステン フィンク監督(左)と横浜FMのアンジェ ポステコグルー監督(右)

 2020シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2020が8日に埼玉スタジアム2002で行われ、天皇杯覇者のヴィッセル神戸が2019シーズンJ1リーグ王者の横浜F・マリノスに3-3でPK戦の末に勝利した。

「どっちに転ぶか分からない面白い展開だった」と会見の冒頭で語った神戸のトルステン フィンク監督。「先手を取って、同点にされて、そこからPK戦にいったが、総括すると、日本サッカーにとっていい広告になったと思う。ファンも喜んでもらえたと思う。ああいう形のPK戦まで持ち込めて、今までにない展開になった。飯倉(大樹)がいいパフォーマンスを出してくれてうれしかった」と総括した。

 一方、敗戦を喫した横浜FMのアンジェ ポステコグルー監督は「プレシーズンの試合をしているような感じを受けた」と語り、「前半の45分間は全く自分たちのサッカーができなかった」とうなだれた。「ナーバスになった部分もあったと思う。パスを出す時の自信がないプレーが目立った。コンディションの部分でいいところがあった中で、前半が落ち着くことができずに残念」と前半の2失点を悔やんだ。それでも後半に見せた昨シーズンの“横浜FMらしさ”には「後半にようやく自分たちのサッカーを見せることができた。素晴らしいサッカーを見せてくれた」と満足気だった。

 ともに来週12日にはAFCチャンピオンズリーグ(以下ACL)を戦うことになる両者。「やるべきこと、修正すべきことはまだまだある。次のACLに集中したい」とフィンク監督が語れば、「ACLに向かっていくにつれてえらーをしっかりと修正しないといけない。ACLは久々の出場なのでいい経験になるし、しっかりと準備していきたい」と目線を次に向けた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA