2019.09.19

内田理央と長友専属の加藤シェフが食事と健康トーク 美ボディとアスリートボディ作りに効果的なものとは?

トークショーを行った内田理央さんと加藤超也シェフ
サッカー総合情報サイト

 日清オイリオグループ株式会社は、19日に「MCTメディアセミナー」を開催。トークセッションではタレントの内田理央さんと、日本代表DF長友佑都の専属シェフとして知られる加藤超也さんが登壇し、食と健康について話した。

 MCTの主成分である中鎖脂肪酸は、ココナッツなどのヤシ科植物の種子に含まれる成分で、一般的な油に比べて脂肪酸の長さが短いため、素早く消化吸収され、エネルギーとして消費されやすい特長を持っている。そのため、効果・効率的なエネルギー吸収や、美容などに効果が期待できるとされている。

 MCTオイルは「味噌汁や豚汁が好きで、普段から試しています」という内田さんだが、「スープ系に入れてばかりなので、どうすれば美味しくいただけるか、うかがうために来ました(笑)」と、加藤シェフに教えを乞うことに。

 長友の専属シェフとしてファットアダプト食事法を実践するなどしている加藤さんはMCTについて「持久力の向上につながりますし、糖質と脂質のエネルギーを効率的に活用できます。運動後などのリカバリーに役立ちます」と、日ごろの献立作りに生かしていると話し、「体脂肪をエネルギーとして活用できる点からもよかったり、食欲が増進しないということで、理想のボディ作りに効果もあると思います」「美肌に効果がありまして、糖質が過剰になると悪玉物質が増えるという要因があります。それがシミ・シワの原因になるので、糖質をコントロールすることが大事。飲む美容液として取り入れていただければ、効果的だと思います」と続けると、内田さんも前のめり。

 トークショーでは加藤シェフ考案のツナと野菜のカレー、鶏もも肉のブドウ酢ソテー~アボカドのMCTマヨネーズマリネ添え~を紹介するとともに、簡単に効率よく摂取するためのレシピとして、スムージーを実際に作ってみることに。

 パイナップル、キウイに加え、豆苗を使うスムージーが用意されたが、「(豆苗は)カリウムが含まれているので、むくみに効果があります」と加藤シェフ。またレモンも投入したが、長友もほぼ毎日摂取しているとのことで、「一番手っ取り早くビタミンCを摂取できますし、僕はスーパーフルーツだと思っています」と、その効果を説明する。

 完成品にMCTオイルを加えたスムージーを試飲した内田さんは「やさしい味で飲みやすいです!豆苗が入っている感じがしないです。(オイルを入れても)味も変わらないですし、美味しく飲めますね」と感動した様子。「美容などに普段から気を遣っていますが、ストイックにではなく、自分のペースでやっていくことをポリシーにしているので、これを活用して理想のボディを目指します!」と宣言している。

 加藤シェフも長友が「早く食の大切さに気付けばよかったと口癖のように言っている」と、重要性を実感している様子を明かし、「食事は計画的に考えていますが、ロボットではなく人間ですので、本人の気分や体調に合わせることを大切にしています。コミュニケーションを大事にしていますね。本人が食べたいものをベースに考え、この3年間しっかり取り組んだことで、体やコンディションも変化したと感じているようです」と、これまでの過程で大事にしてきたことを説いている。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
62pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る

日本人気記事ランキング