2018.05.28

Jヴィレッジ再始動迫る…平山相太が猪苗代町でサッカー教室に参加「復興活動続けていけたら」

福島県耶麻郡猪苗代町で行われたJヴィレッジ再開イベント
サッカー総合情報サイト

 2018年5月27日、福島県耶麻郡猪苗代町の町立千里小学校にて「Jヴィレッジ再始動キャラバンin会津~新生Jヴィレッジ、再始動。7.28 みんなの夢が、動きだす~」が行われ、元日本代表の平山相太さんとタレントのパンサー・尾形貴弘さんが出席し、トークショーとサッカー教室を行った。

 今回のキャラバンはトークショーからスタート。開幕が迫るロシア・ワールドカップに向けて活動する日本代表について問われた平山さんは「2010年では代表候補までいったのですが、しっかり落選しているので、キャンプの緊張感は知っています。(日本代表は)いろいろなことがありましたけど、選手たちもいい緊張感を持ってキャンプをしていると思うので、いい結果につながるんじゃないかと期待しています」と一言。さらに、尾形さんから西野朗監督についてを聞かれると「(Jクラブの)監督時代に対戦したことはあります……イケメンですよね(笑)」と会場を和ませる一幕も見られた。

 続いて「僕も子どもたちと同じ気持ちで日本代表を応援しているので、ベスト8に行ってほしいなと思います」と平山さんが話すと、尾形さんも「初戦のコロンビア戦にビシっと勝って、『優勝!』。それくらいの気持ちで戦ってほしいと思います!」と熱いエールを送る。

 また、今回のキャラバンでは「みんなの夢が、動きだす」と題したメッセージボードが掲げられ、スポーツにまつわる夢や再始動するJヴィレッジでやってみたいことなどが書き添えられた。すでに書き込みを終えていた尾形さんの夢は「Jヴィレッジにあやかって、35年ローンを返す」というもの。一方の平山さんは「プロの監督になりたい」と発表。会場からも「お~」という歓声とともに拍手が送られた。

 トークショーを終えた二人は、サッカー教室を開催。約50人の小学生たちと汗を流す。学年ごとに一つの輪になり、鬼役から逃げるレクリエーションや一対一になって、足でキープしているボールに手で投げるボールを当てるゲームなどが行われた。

 デモンストレーションに平山さんや尾形さんが立つと、子どもたちからも「相手をしたい」と元気よく手が上がり、本気で対戦する場面も見られた。子どもたちからアドバイスを求められた平山さんは「ボールをキープするときは、顔を下げないで、ボールと相手を見えるように顔をあげることが大事で、しっかりと相手とボールの間に体を入れるように意識してみよう」と声を掛けた。これには尾形さんも「はい! 意識します」と勢いよく返事。子どもたちの笑顔を誘った。

 そして、サッカー教室の最後は平山さん・尾形さんも混じったコーチチーム対子どもチームによるミニゲームを実施。積極的にゴールを目指す子どもたちに、平山さんも思わず現役時代を彷彿とさせるオーバーヘッドキックやヘディングで応戦。思わず「ヘディング禁止! シュート禁止!」と声が上がっていた。平山さんは「みんなが本気だったし、楽しそうにやってくれたので、僕もオーバーヘッドキックをやっちゃいました」と笑顔を見せた。

 猪苗代の子どもたちとボールを蹴ったサッカー教室も約1時間で終了。キャラバンを終えた平山さんは「子どもたちにも笑顔と元気を与えられたら良かったなと思います。復興という視点で言うと、まだまだ時間が必要なこともあると思いますが、活動は続けていけたらいいなと思います。Jヴィレッジは中学時代にナショナルトレセンで来たことがあって、FC東京時代にはキャンプをしたこともありました。当時は、メディカルルームとリラックスルームによく行っていたので、その思い出が残っていますし、またサッカーができるようになるのはうれしいですね」と話し、尾形さんも「やんちゃな子どもばっかりでしたが、こういうやんちゃなタイプがいい選手になると思います。みんなサッカーがすごくうまかったですし、伸び伸びとしていて自然豊かな福島で育った元気の良さを感じました。この中から将来の日本代表選手やなでしこジャパンの選手が出てくるかもしれないですよね。僕も一緒にボールを蹴ってパワーをもらいました。楽しかったです」と、会場を後にした。

「Jヴィレッジ再始動キャラバン~新生Jヴィレッジ、再始動。7.28 みんなの夢が、動きだす~」は、6月にいわき市内でも行われる予定。7月の再始動に向け、福島県とともにJヴィレッジを盛り上げていく。

【パンサー・尾形さんコメント】

 やんちゃばっかりでしたが、こういうやんちゃなタイプがいい選手になると思います。僕の小学生時代はもっとやんちゃでしたけど、周りのやんちゃな友達はサッカーがすごくうまかったですし。伸び伸びとしていて自然豊かな福島で育った元気の良さを感じました。元気でやんちゃでサッカーもすごくうまかったです。この中から将来の日本代表選手が出てくるかもしれないですし、女の子もなでしこジャパンになるかもしれないですよね。僕も一緒にボールを蹴ってパワーをもらいました。楽しかったです。東日本大震災では実家も全部流され、少しでも僕みたいなものでも力になれればいいなという思いでいっぱいです。

【平山相太さんコメント】

 みんなすごく元気で楽しそうにやってくれたので、自分も影響を受けましたし、楽しく過ごせました。子どもたちにも笑顔と元気を与えられたらよかったなと思います。復興という視点で言うと、まだまだ時間が必要なこともあると思いますが、ずっと活動は続けて行けたらいいなと思います。Jヴィレッジは中学時代にナショナルトレセンで来たことがあって、FC東京で夏のキャンプをしたこともありました。建物のメディカルルームとリラックスルームが隣り合っているのですが、そこによく行っていたので、その思い出が残っていますし、またサッカーができるようになるのは嬉しいですね。

(Q:小学生時代の思い出や夢は?)
 小学生の頃の夢は「プロサッカー選手」でした。自分はサッカーが楽しくて大好きで、サッカーばかりをやっていました。その気持ちを忘れないというか、楽しんでほしいと思っています。ちょっとした目標設定をして、それをクリアしていくと夢に近づくのかなと思います。今はまだまだうまくないと思っている選手もいるかもしれないのですが、これから続けていけば、どこかでぐんと成長することもあるので、諦めないで夢を追いかけてほしいなと思います。

(Q:W杯で注目している選手と観戦ポイントは?)
 今回、日本代表は監督が替わって、選手間、選手とスタッフ、選手と監督など、コミュニケーションがより高まっていくと思います。グループリーグで対戦する相手も強いと思いますが、その中でも日本の良さを出して、どこまで世界に通用するのかを楽しみに見たいと思っています。また、試合を通して、今の日本サッカーが世界とどれくらい差があるのか、確認できたらいいなと思っています。観戦ポイントとしては、僕がテレビで見るときは、ボールを追いかけています(笑)。僕も普段のサッカー中継は普通に楽しんでいますよ。

(Q:出場選手で注目選手は?)
 イニエスタ選手です。W杯が終わったらJリーグでプレーをするので、間近で見られるチャンスですし、まだ現役だったら一緒にプレーをしてみたかったですね。対戦したかったですし、チームメートになってみたかったです。日本代表で言うと、まだ本大会のメンバー発表前ですが、現時点での注目選手は岡崎(慎司)選手です。同じポジションでしたし、日本代表でも頑張っていて、レスターでも活躍をしていました。ケガをして苦しいときもあったと思いますが、日本代表への貢献も高い選手です。試合に出れば活躍してくれると思います。グループリーグも強豪ばかりで、厳しいかなという反面、日本代表もチャンスがあると思います。五分五分くらいの勝負になるんじゃないかなと思いますし、紙一重な試合が続くんじゃないかなと思っています。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
51pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る